下関市立美術館

下関市立美術館

特別展 赤間神宮宝物展〜源平合戦と赤間神宮〜

赤間神宮宝物展リーフレット画像

会期

2012年4月25日(水曜日)〜5月13日(日曜日)
午前9時30分〜午後5時   (入館は午後4時30分まで)
5月7日(月)は休館


会場

下関市立美術館展示室


観覧料

一般500円(400円) /大学生300円(240円)
※()内は、20名以上の団体料金。

※18歳以下の方、70歳以上の方および高等学校、中等教育学校と特別支援学校に在学中の生徒は、観覧料が免除されます。

展覧会紹介

 源平合戦終焉の地、壇ノ浦を眼下においた赤間神宮(旧阿弥陀寺)は、合戦直後より安徳天皇をおまつりするとともに、海峡に消えた多くの平氏の魂をとむらってきました。

 赤間神宮のはじまりは、建久二年(1191)のこととされています。朝廷は長門国に勅して御陵上に御影堂を建立させ、これが赤間神宮の前身、長門国阿弥陀寺の創始となったといわれています。創立以後、多くの御宝物を蔵しておりましたが、戦災によって焼失したものも数知れません。このたびは戦災をまぬがれ今も赤間神宮に伝わる御宝物を、まとめて見ることのできる初の機会となりました。

 「紙本墨書平家物語(長門本)」(重要文化財)、「赤間神宮文書」(重要文化財)、「紙本金地着色安徳天皇絵」(山口県指定有形文化財)をはじめとする、平氏ゆかりの美術・歴史資料をあまねく展示します。一堂に会した御宝物を通して、およそ800年前の世界へと想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

紙本金地着色安徳天皇絵 第八幅
紙本金地着色安徳天皇絵(山口県指定有形文化財)より 第八幅
平家琵琶 銘四辨江
平家琵琶 銘四辨江

紙本墨書平家物語(長門本)(重要文化財)
   
赤間神宮文書(重要文化財)より 阿弥陀寺絵図(部分)

関連催事

※いずれも事前申込みは不要です。


公開シンポジウム「平家物語と合戦絵」 終了しました
4月29日(日)・13時〜 1階講堂・聴講無料
コーディネーター:佐野みどり(学習院大学教授)

【一部】 テーマ講演(一時間半程度)
川本桂子(美術史家) 「平家物語の絵画化をめぐって」
鈴木啓子(学習院大学講師) 「平家物語を〈家〉から読み直す」
泉万里(美術史家) 「安徳天皇縁起絵の義経と佐藤兄弟」
橋村愛子(兵庫県立歴史博物館学芸員) 「合戦絵屏風の機能」

【二部】 全体討論(一時間程度)
司会:佐野みどり(学習院大学教授)

講演会「《安徳天皇縁起絵図》について」 終了しました
4月30日(月・祝)・13時30分〜 1階講堂・聴講無料
講師:佐野みどり(学習院大学教授)

特別列品解説会 終了しました
4月28日(土)、5月6日(日)・各日14時〜 2階展示室・要観覧券
講師:水野直房(赤間神宮宮司)

ギャラリートーク(学芸員による展示解説)
5月5日(土)、12日(土)・各日14時〜 2階展示室・要観覧券

おやこのためのギャラリーツアー 終了しました
5月5日(土)・11時〜、15時30分〜 2階展示室・保護者の方は観覧券が必要
展覧会を一緒に楽しく観覧いたします。
対象:小学校に通うお子さんと保護者の方

 出品リストはこちらから

*出品リストをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader が必要です。 下のアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができます。


リーフレット

赤間神宮宝物展リーフレット(PDF1MB)

 展覧会リーフレットはこちらから


*リーフレットをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader が必要です。 下のアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができます。

図録

『赤間神宮宝物図録』を販売します。

価格 2,000円
規格 29.6cm×22.1cm、108頁
作品カラー図版、作品図解、年表、宝物目録などが掲載されています。

購入方法はこちらをご覧ください

主催

下関市立美術館 赤間神宮