下関市立美術館


展覧会 イベント・講座 利用案内 市民ギャラリー 図録・刊行物 当館について
所蔵品展 No.143

特集:夏休み!美術館でクールな体験

会期 2018年8月1日(水曜日)~9月9日(日曜日)
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日
観覧料 一般:200円(160円)、大学生:100円(80円)
※()内は、20名以上の団体料金。
※18歳以下の方、70歳以上の方は、観覧料が免除されます。所蔵品展は下関市と北九州市在住の65歳以上の方も観覧料免除。(いずれも公的証明書の提示が必要です)
※下関市立美術館・北九州市立美術館友の会会員(特別・賛助・一般・ペア会員)の方は観覧無料。
 

展覧会紹介


近現代のガラス作品や工芸品、彫像、日本画、油彩画、水彩画、版画など様々なジャンルを取り合わせ約60点で展示を構成します。夏休みは美術館で2つの「クール」をご体感ください。

Cool! 1:ひんやり美術館


景色でひんやり
絵の中へ、避暑旅行をしませんか? 橋本雅邦や高島北海の滝の絵などをはじめ、竹内栖鳳、橋本関雪、堂本印象らの作品を紹介。絵の中の登場人物になりきって涼しさを満喫してください。

出品作品例:橋本雅邦《瀑布図》、高島北海《ナイアガラ瀑布・富士図》1907年


素材でひんやり
19世紀のヨーロッパ・ガラスから現代ガラスまで、ガラスのコレクションを中心に展示します。

出品作品例:《エナメル彩ゴブレット》(19世紀・ボヘミア)、チーフリ・ディリ《海の形(青)1985年


モティーフでひんやり、食べてひんやり
夏といえば、スイカ、桃、葡萄など果物が豊富な季節です。ここでは夏にまつわるおいしそうな作品と、美術館に住んでいるオバケたちを紹介します。

出品作品例:高山辰雄《青い実》、浜口陽三《西瓜》1981年、速水史朗《衣をまとったオバケ(1)~(4)》1986-87年


色でひんやり、かたちでひんやり
涼しさを感じる色「青」をテーマに、また水滴やガラスなどを連想する絵画もあわせて展示します。

出品作品例:瑛九《夜の夢》1957年、西田洋一郎《プリズム分光画(1)》1982年


     

Cool! 2:クール・ビューティー

コーナーでは、下関市立美術館のツン嬢たちが集います。ご来館くださった皆様に、だれが一番のお気に入りかを投票してもらう企画もあわせて行いますので、ぜひご参加ください。展示環境の都合で陳列できなかった日本画もパネルにて参戦します。

出品作品例:伊東深水《浴後》1928年、東郷青児《想》1970年代


クール・ビューティー投票

会期中、2階展示ホールにて実施します。どなたでも、申込み不要、無料にてご参加いただけます(ただし、観覧受付は必要)。


関連催事

スライド鑑賞会

スライドを使って、色々な美術を紹介します。
日時:8月4日(土)午後2時~「ふしぎな絵」、8月11日(土)午後2時~「こわい絵」(いずれも1時間程度)
場所:美術館 講堂
対象:小学生以上
※ 聴講無料、事前申込み不要


ギャラリー・トーク(学芸員による展示開設)

日時:8月18日(土)、9月1日(土)いずれも午後2時~(1時間程度)
場所:美術館2階 展覧会会場
※ 聴講には、所蔵品展の観覧受付が必要です。
ページのトップへ