下関市立美術館


展覧会 イベント・講座 利用案内 市民ギャラリー 図録・刊行物 当館について
所蔵品展 No.139

殿敷侃―僕は夜明けを信じた/画技競演 狩野芳崖・晴皐と長府藩御用絵師

会期 2018年1月5日(金曜日)~2月25日(日曜日)
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日の1月8日、2月12日は開館)
観覧料 一般:200円(160円)、大学生:100円(80円)
※()内は、20名以上の団体料金。
※18歳以下の方、70歳以上の方は、観覧料が免除されます。所蔵品展は下関市と北九州市在住の65歳以上の方も観覧料免除。(いずれも公的証明書の提示が必要です)
※下関市立美術館・北九州市立美術館友の会会員(特別・賛助・一般・ペア会員)の方は観覧無料。
 

展覧会紹介


殿敷侃―僕は夜明けを信じた

 広島に生まれ、山口県長門市を拠点に活動した殿敷侃(とのしきただし、1942‐1992)。広島での二次被爆の経験をはじめ、消費社会や環境をテーマにして、油絵から版画、インスタレーションへと作風を展開させました。 本展では、初期の油絵、1970年代の点描によるペン画、モノの姿形をかたどった銅版画、1980年代の《霊地》シリーズ(シルクスクリーン)など約40点をご紹介します。 今なお鮮烈な印象を与えてやまない殿敷侃、当館では5年ぶりの回顧展となります。


画技競演 狩野芳崖・晴皐と長府藩御用絵師

 長府毛利藩の御用絵師から近代日本の新絵画「日本画」創成の立役者へ―幕藩体制が終わりを迎え、明治国家建設へと向かっていく激動の時代を体現する鬼才・狩野芳崖(1828-1888)。 「明治150年」となる平成30年は、芳崖の生誕190年・没後130年にもあたることを記念した特集展示を行います。 芳崖の父にして師である狩野晴皐との親子競演、近年収集した長府藩の御用絵師たちの作品もあわせてご紹介します。


関連催事


ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)
日時:2018年1月6日、2月17日(各土曜日)午後2時~(1時間程度)
場所:展覧会場にて
※聴講には観覧券購入などの受付手続きが必要です。

美術講座「殿敷侃―僕は夜明けを信じた」
日時:2018年1月14日(日曜日)午後2~3時
場所:講堂
当館学芸員が殿敷侃の今なお色褪せない魅力と彼の創作熱をお伝えします。
※聴講無料

ワークショップ「芳崖人形づくり」
日時:2018年1月28日(日曜日)午後2~4時(素材がなくなり次第終了)
場所:講堂
狩野芳崖の顔の人形に色付けして、あなただけのオリジナル芳崖をつくりましょう。
人形を石膏でかたどる体験もできます。
※無料・出入り自由

ページのトップへ