長州路観光連絡会ホームページのトップ > 山陰観光列車みすゞ潮彩
ビュースポット
 
列車概要
 
おもてなしイベント
 
 
モデルコース
 
沿線紹介
 
山陰本線沿線観光スポット紹介
 


 

★NEWS★

8月は毎日運行
乗車された皆様にはオリジナルクリアファイルプレゼント!

                                        ※無くなり次第終了


 
 
 
 
山陰観光列車みすゞ潮彩 車窓からの風景
  ▲山陰の海岸線と山の彩り、車窓から
    広がる 風景を楽しむことができます。
 ▲三角や階段型の窓などアールデコ調に統一された「みすゞ潮彩」
■■特徴■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 三角や階段型の窓などアールデコ調に統一された「みすゞ潮彩」。車内では、指定席のほとんどが海側に向けて設置され、通常より大きくとられた車窓から日本海の眺めを満喫できるよう配慮されています。
 特に眺めの良い3箇所のビュースポットでは列車を停止させ、車内アナウンスによる車窓案内を行い、乗車時間をお楽しみいただきます。
 また、「みすゞ潮彩」の指定席車両では、車内でおもてなしイベントも開催しています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


みすゞ潮彩指定席車両の様子
指定席車両の様子
 
【特に眺めの良い3箇所のビュースポット】

 ビュースポット詳細図

▲小串〜湯玉駅間

▲宇賀本郷〜長門二見駅間

黄波戸〜長門市駅間
このページのトップへ
   
【列車概要】 

運行形態 土曜日曜祝日に各駅停車運行
※みすゞ潮彩は、平成25年3月16日からのダイヤ改正に伴い、土・日曜・祝日のみ、1号・2号の1日1往復の運行になりました。
運行区間 新下関駅〜下関駅〜(山陰本線)〜長門市駅〜仙崎駅
運行ダイヤ みすゞ潮彩 停車駅・時刻表のページを確認してください。

【新下関駅での、新幹線とのアクセス例】
乗車前
 大阪方面から…ひかり491号(新大阪駅7:35発、新下関駅9:47着)
 九州方面から…さくら542号(鹿児島中央7:03発、新下関駅9:25着)
       ※小倉駅(福岡県)で、こだま736号(博多駅9:17発)に乗り換え
乗車後
 大阪方面へ…さくら560号(新下関駅16:34発、新大阪駅18:42着)
 博多方面へ…こだま743号(新下関駅16:17発、鹿児島中央駅18:44着)
       ※博多駅で、さくら417号(博多駅17:08発)に乗り換え
列車構成 2両編成 ※車両は既存の気動車を改造
 1号車 自由席(下関駅寄り 座席定員76名)
 2号車 指定席(仙崎駅寄り 定員44名) 
関連リンク  JR西日本ホームページ「みすゞ潮彩車両案内」
 JR西日本ホームページ「観光列車の旅時間」
パンフレット   JR西日本・山陰観光列車「みすゞ潮彩」パンフレット
 ※JR西日本ホームページに外部リンクします
備  考  2号車(指定席)は全席指定席です。乗車券のほかに座席指定券が必要です。
 ◎座席指定券/おとな520円、こども260円
  乗車日の1カ月前からJRの主な駅のみどりの窓口、主な旅行会社でお求めいただけます。
  列車の時刻、経路、運賃などはJRおでかけネット(JR西日本)のホームページで検索が可能です。
このページのトップへ



【おもてなしイベント】
車内紙芝居
 みすゞ潮彩の指定席車内において、それぞれ『童謡詩人金子みすゞ』『巌流島の決闘』の紙芝居を上演します。
 観覧記念品として、オリジナル絵葉書をプレゼントします。
 
上演日
 列車運休日を除く運行日(土曜日曜祝日

演目
 ・1号・・・「童謡詩人金子みすゞ」
 ・2号・・・「巌流島の決闘」


上演場所
 みすゞ潮彩の指定席車両内
[乗車記念証]
 山陰観光列車『みすゞ潮彩』の指定席車両をご利用いただいた方に、『乗車記念証』をプレゼント!
 『乗車記念証』は人気の硬券タイプ。しかも、山陰観光列車『みすゞ潮彩』の車体をイメージしたものとなっています。

配付日
 列車運休日を除く運行日(土曜日曜祝日

配付場所
 みすゞ潮彩の指定席車両内
山陰観光列車みすゞ潮彩乗車記念証の画像
▲乗車記念証
[車内販売]
 客室添乗員(愛称名:「みすゞメイト」)がお弁当などの軽飲食や、「みすゞお土産グッズ」等の販売を指定席車内売店で行います。
 
販売日
 列車運休日を除く運行日(土曜日曜祝日) 

配付場所
 みすゞ潮彩の指定席車両内
 
●チョロQ
チョロQ
[第3弾! おもてなしTRAIN]
     

 毎年好評をいただいております「おもてなしTRAIN
企画第3弾として、みすゞ潮彩号車指定席車両トークショーをはじめとする、おもてなしイベントを実施します



実施期間
 平成28年2月27日()から3月19日()までの毎週土曜日計4日

●特設ホームページはコチラをクリック。
このページのトップへ



【山陰観光列車「みすゞ潮彩」 モデルコース】
●金子みすゞに触れる 《下関発》コース 【1泊2日】
山陰観光列車『みすゞ潮彩』と共に、『金子みすゞ記念館』の見学や『金子 みすゞ詩の小径』の散策など、金子みすゞを思いっきり感じていただくとともに、疲れた体を温泉で癒していただくコースです。詳細は、こちら
 
●金子みすゞに触れる 《長門発》コース 【1泊2日】
『金子みすゞ記念館』でみすゞの生涯を学んだ後に、山陰観光列車『みすゞ潮彩』にご乗車。『金子 みすゞ詩の小径』を散策していただいた後、下関の観光地『唐戸』をご堪能いただくコースです。詳細は、こちら
 
●のんびり&癒しコース 【1泊2日】
下関の観光地『唐戸』『城下町長府』を散策した後、疲れた体を温泉で癒していただきます。一泊して観光遊覧船をお楽しみいただいた後、山陰観光列車『みすゞ潮彩』にて、コバルトブルーの海が綺麗な『角島』を堪能していただくコースです。詳細はこちら
 
●長門発・下関満喫コース 【1泊2日】
『金子みすゞ記念館』でみすゞについて学んだ後、山陰観光列車『みすゞ潮彩』にて、コバルトブルーの海が綺麗な『角島』へ。疲れた体を温泉でいやして一泊。翌日は、下関の観光地『唐戸』を堪能していただくコースです。詳細は、こちら
 
このページのトップへ

沿線紹介
 列車の運行する下関市と長門市の山陰線沿線には、泉質のよい温泉が点在し、ふぐ、うに、くじら、イカ、サザエといった、優れた食材も豊富です。 また、近年は映画やドラマのロケ地として注目を集める角島をはじめ、北長門海岸国定公園にも指定される山陰海岸線の造形美など、風光明媚な観光スポットの景観は秀逸です。これらの素材を、贅沢にじっくりと時間をかけて味わい、スローな旅行を楽しんでいただけるよう山陰観光列車「みすゞ潮彩」は運行されています。 
このページのトップへ
 
  
| 長州路観光連絡会ホームページのトップへ  ウィンドウを閉じる |

長州路観光連絡会
 (事務局:下関市役所観光交流部観光政策課)
 〒750-0008 山口県下関市田中町5番6号
 TEL 083-231-1350 / FAX 083-231-1853