夏のイベント・お祭り情報
  
開催日等につきましては、念のため主催者(下記お問合せ先)にご確認くださるようお願い申し上げます。

関門海峡夜景観光バス(かんもんかいきょうやけいかんこうばす)
関門海峡の夜景1,000万ドルの価値があるとも称される、関門海峡の夜景を市内宿泊の方に楽しんでいただくため、無料で夜景観光バスを運行します。観光ガイドも同乗して、関門海峡沿いから火の山山頂へと進み、海峡の夜景を鑑賞します。
なお、乗車には事前予約が必要です。

関門海峡夜景観光バスのページ

運行日時
平成28年7月1日(金曜)〜9月24日(土曜)の金・土・祝前日
※8月22日・23日の馬関まつり当日は運休
19:45〜21:30
下関駅〜関門海峡沿いのバス停数カ所で乗車
対象
どなたでも。
※運行日当日、下関市内の宿泊施設にお泊りの方には特典有り。
(先着:80名)
料金 500円(予定)
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
 このページのトップへ


歴史体感☆紙芝居「耳なし芳一」
(れきしたいかん☆かみしばい「しんさくとりょうま」)
歴史体感☆紙芝居「耳なし芳一」かの有名な怪談・耳なし芳一。
平家物語の弾き語りが得意な芳一は、阿弥陀寺(今の赤間神宮)に住んでいたとされ、赤間神宮には『芳一堂』があります。 その赤間神宮からほど近いみもすそ川公園で、「怪談 耳なし芳一」の紙芝居を上演。経を書き忘れられた耳を平家の怨霊に奪われる恐怖のさまを、演者が雰囲気たっぷりに語ります。
紙芝居をご覧いただいた方には、もれなく下関オリジナル絵葉書(1枚)をプレゼント!

歴史体感☆紙芝居「怪談耳なし芳一」のページ
 
上演日時
平成28年7月1日(金曜)〜8月31日(水曜)の毎日
10時〜15時の毎正時(00分) 各回10分程度
上演場所
みもすそ川公園(みもすそ川町)
交通
JR下関駅からバス12分「御裳川(みもすそがわ)」下車すぐ
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
このページのトップへ


武蔵・小次郎 海中の決闘 〜巌流島〜
(むさし・こじろう わたなかのけっとう がんりゅうじま)
武蔵・小次郎 海中の決闘 〜巌流島〜慶長17年(1612)4月13日、関門海峡に浮かぶ小さな島、船島(現在の巌流島)で二人の英雄が雌雄を決した。一方は宮本武蔵、他方は佐々木小次郎、世に言う巌流島の決闘である。
その一大決闘から400余年を迎えた平成27年も、好評の決闘寸劇をお届けします。ご家族連れを始め、幅広い客層にお楽しみいただけます。

※観覧無料、予約不要
※雨天・荒天の場合は中止


『武蔵・小次郎 海中の決闘 〜巌流島〜』のページ

上演日
平成28年4月16日(土曜)〜6月19日(日曜)の土曜日曜祝日
※5月3日・4日は、しものせき海峡まつりのため休演
上演時刻 11時30分、13時、14時(各回10分程度)
上演場所
カモンワーフ海側ステージ(唐戸町)
交通
・JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩2分
・下関ICから車で10分
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
このページのトップへ


しものせき女子旅キャンペーン
(しものせきじょしたびきゃんぺーん)
しものせき女子旅のイメージ画像 『しものせき女子旅』は、女性スタッフが女性目線で作ったガイドブックを手に“女性に優しい”“女性に嬉しい”“女性が満足”するたびを提供します。
女性におススメのエリアなどを、初めて下関に来る方でもわかりやすく効率的に観光スポットを回れます。


開催期間
平成28年3月1日(火曜)〜6月30日(木曜)
開催場所
下関市内
パンフレット
設置場所
九州Walker春号に綴じ込み(予定)
下関駅・新下関駅観光案内所、下関市内主要観光施設など
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
このページのトップへ


灯りのまち イルミネーション水族館
(あかりのまち いるみねーしょんすいぞくかん)
 
 
しものせき水族館「海響館」周辺にイルカやペンギンなどのイルミネーションを設置します。
恋人灯台は「願いをかなえるスターライトロード」としてフォルム演出を施し、カモンワーフからはすべての照明演出を一望できるイルミネーションを楽しむことができます。 七夕期の関門海峡の夜、光の競演をお見逃しなく!


開催期間
平成28年5月21日(土曜)〜7月24日(日曜)の毎日
[点灯時間] 20時〜22時
開催場所
海響館周辺のボードウォーク(あるかぽーと)
料金
観覧無料
交通
・JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩2分
・下関ICより車で15分
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
このページのトップへ


 
豊田のホタル祭り(とよたのほたるまつり)
ホタル 夏の風物詩、木屋川ゲンジボタルは、昭和32年「天然記念物木屋川・音信川ゲンジボタル発生地」として木屋川とその支流、豊田湖一円と長門市の音信川が指定を受けました。その蛍が乱舞を見せ始めるころ、西市には100軒あまりの出店が並び、ステージショー、精霊流し、ホタル観賞バス等、盛りだくさんのイベントが催されます。

下関のあれこれ「日本初のホタル舟運航」のページ

平成27年度のパンフレットはこちら。
(JPG形式:1.74MB)、(JPG形式:1.79MKB)

開催日
平成28年6月4日(土曜)、11日(土曜
開催場所
第1会場 ラピール・丸和豊田店駐車場
第2会場 下関市商工会豊田町支所駐車場
交通
・JR小月駅からバス33分「豊田町西市」下車、徒歩7分
・小月I.Cから車で20分または美祢I.Cから車で30分
お問合せ
豊田のホタル祭り実行委員会 083-766-1056
 このページのトップへ
 
 
東行庵の花菖蒲見ごろ(とうぎょうあんのはなしょうぶみごろ)
東行庵の花菖蒲下関を舞台に活躍し、その名を歴史にとどろかせた維新の志士・高杉晋作の菩提を弔っている東行庵(とうぎょうあん)。
この庵の初代庵主梅処尼(ばいしょに)が好んだ花菖蒲100種約6,000株が、池一面にいっせいに咲き誇り、見ごろを迎えます。見ごろの時期(例年、6月の第2
日曜日)にはお茶席や露店が設けられ、苗等の販売も行われます。

下関花暦のページ
開催期間
平成28年6月中旬
開催場所
東行庵(大字吉田)
交通
JR小月駅からバス14分「東行庵入口」下車、徒歩5分
お問合せ
東行庵 083-284-0211
 このページのトップへ
 
 
日本初のホタル舟運航(にほんはつのほたるぶねうんこう)
ホタル舟日本有数のホタルの里ならではのイベント。
船上から国の天然記念物「木屋川のゲンジボタル」の乱舞を両岸に眺めながら、川下りを楽しみます。ホタルの光が幻想の世界へと誘います。一の俣温泉郷が近く、温泉とホタルのセットがお勧めです。
乗船には事前予約(平成28年5月1日(
曜)から受付開始)が必要です。

下関のあれこれ「日本初のホタル舟運航」のページ

開催日時
平成28年6月7日(火曜)〜6月22日(水曜の毎日
※乗船には事前予約(平成28年5月1日(曜)から受付開始)が必要
開催場所
木屋川流域(豊田町中畑より殿敷大井堰)
交通
小月I.Cから車で20分または美祢I.Cから車で30分
料金
(予定)
大人1,500円(高校生以上)、子供1,000円(5歳以上中学生まで)
お問合せ
豊田のホタル舟実行委員会(ホタル舟専用) 083-766-0031
 このページのトップへ
 
菊川ほたる観賞会(きくがわほたるかんしょうかい)
ホタル竹の灯篭だけで照らされた空間の中で、歌野川の清流に舞うホタルの幻想的な光を観賞します。期間中、ヤマメ塩焼き割引券のプレゼントや、菊川特産手延そうめんの試食会、たまごのつかみどり大会などが実施される予定です。

平成27年度のチラシはこちら(PDF形式:543KB)


開催日時
平成28年6月上旬〜中旬 (平成27年6月6日・13日・20日土曜)に実施)
開催場所
菊川自然活用村(菊川町大字上岡枝歌野)
交通
小月I.Cから車で15分
お問合せ
菊川総合支所地域政策課 083-287-1114
このページのトップへ


歴史体感☆紙芝居「怪談 耳なし芳一」
(れきしたいかん☆かみしばい「かいだん みみなしほういち」)
歴史体感☆紙芝居「怪談 耳なし芳一」かの有名な怪談「耳なし芳一」の舞台は、下関の赤間神宮。
平家の怨霊を慰めるために夜な夜な琵琶を弾き語る芳一。経を書き忘れた耳を怨霊に奪われる恐怖のさまを、演者が雰囲気たっぷりに語ります。紙芝居用の自転車も忠実に再現。昭和初期から子供たちに親しまれた紙芝居、懐かしくも新鮮なひと時がお楽しみいただけます。
紙芝居をご覧頂いた方には、もれなく下関オリジナル絵葉書(1枚)をプレゼント!

歴史体感☆紙芝居「怪談 耳なし芳一」のページ
 
上演日時
平成28年7月1日(金曜)〜8月31日(水曜)の毎日
10時〜15時の毎正時(00分) 各回10分程度
上演場所
みもすそ川公園(みもすそ川町)
交通
JR下関駅からバス12分「御裳川(みもすそがわ)」下車すぐ
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
このページのトップへ


関門海峡遊覧クルージング(かんもんかいきょうゆうらんくるーじんぐ)
関門海峡遊覧クルージング運航日前日に、下関市内の宿泊施設にお泊りの方を、翌日の朝、関門海峡遊覧クルージングに無料でご招待いたします。源平合戦をはじめ数々の歴史舞台となった関門海峡を船の上からお楽しみください。
なお、乗船には事前予約(
平成28年3月1日から受付開始)が必要です。

関門海峡遊覧クルージングのページ

運航日時
平成28年8月7日(日曜)〜9月25日(日曜)の日曜・祝日
9時〜9時:40分 ※出航の15分前までにお集まりください。
乗船場所
唐戸桟橋(あるかぽーと)
交通
JR下関駅からバス7分「唐戸」下車、徒歩2分
対象
運航日前日に、下関市内の宿泊施設にお泊りの方
お問合せ
下関市観光政策課 083-231-1350
このページのトップへ


耳なし芳一まつり(みみなしほういちまつり)
耳なし芳一まつりラフカディオ・ハーン(小泉八雲・こいずみやくも)著「怪談(かいだん)」のなかで紹介されている有名な平家伝説「耳なし芳一」を弔うおまつりです。赤間神宮境内にある「芳一堂(ほういちどう)」や平家一門の墓「七盛塚(ななもりづか)」などを前に、墓前祭(神事)や琵琶演奏などが行われる予定です。


開催日時
平成28年7月15日(金 18時〜 (例年、7月15日)
開催場所
赤間神宮(阿弥陀寺町)
交通
JR下関駅からバス10分、「赤間神宮前」下車すぐ
お問合せ
赤間神宮 083-231-4138
このページのトップへ


幽霊まつり(ゆうれいまつり)
幽霊祭永福寺(えいふくじ)に伝わる幽霊の絵がご開帳されます。
この絵には多くの伝説がありますが、そのひとつに、昔同寺の前に住んでいた不仲な両親を案じて若死にした娘の亡霊が住職の枕元に両親を諭してほしいと現れた時に住職が描いたものとされています。心やさしい幽霊の絵を見てみませんか。また、お堂の前で焚かれる線香にあたると、ひと夏無病息災で過ごせると伝えられており、多くの人たちが集まります。


開催日時
平成28年7月17日() 18時〜21時 (例年、7月17日)
開催場所
永福寺(観音崎町)
交通
JR下関駅からバス5分「三百目(さんびゃくめ)」下車、徒歩7分
お問合せ
永福寺 083-223-5841
このページのトップへ


菊川夏まつり花火大会(きくがわなつまつりはなびたいかい)
花火大会打ち上げ花火のほか、バザーやバンド、菊華太鼓の演奏、ビアガーデンなど各種催し物でにぎわいます。近くで上がる2,400発の花火(20時〜20時45分)は迫力があり、菊川盆地ならではの轟きが体験できます。

平成27年度のチラシはこちら(jpeg形式:2,479KB)


開催日時
平成28年7月23日(土曜) 18時〜22時 (例年、7月の第4土曜日
※雨天等延期の場合は順延
開催場所
菊川運動公園 菊川ふれあい会館広場(菊川町大字下岡枝)
交通
小月I.Cから車で7分
お問合せ
菊川町観光協会(菊川総合支所地域政策課内) 083-287-1114
このページのトップへ


吉田川まつり(よしだがわまつり)
吉田川まつりの画像昭和42年(1967年)に吉田川が改修され、公園が造られたことをきっかけに始まったお祭。灯篭(とうろう)流しが祭りの中心で、清流に感謝し、祖先を供養するため、川に灯篭を流します。川面に浮かぶ灯篭のほのかなローソクの光を灯して流れる様は、夏の夜を彩り、見る人の心を和ませてくれます。また、露店が並び、たくさんの家族連れなどでにぎわいます。

詳しくはこちら(吉田観光協会HP)

開催日時
平成28年7月30日(土曜 18時〜21時30分(花火は20時50分〜)
(例年、7月の最終土曜日)
開催場所
吉田河川公園(大字吉田)
交通
JR小月駅からバス10分「東行庵入口」下車、徒歩5分
お問合せ
吉田観光協会(吉田支所内) 083-284-0125
このページのトップへ


夏越祭(鎮守八幡宮)(なごしさい・ちんじゅはちまんぐう)
茅(かや)を太くより結んで作った大きな輪をくぐると、災厄を免れる、といわれています。また、玉替(たまがえ)も行われます。
 
開催月日
平成28年7月29日(金)〈例年7月中旬〜下旬)
開催場所
赤間神宮(阿弥陀寺町)
交通
JR下関駅からバス10分、「赤間神宮前」下車
お問合せ
赤間神宮 083-231-4138
このページのトップへ


夏越祭(提灯まつり)(なごしさい・ちょうちんまつり)
夏越祭陸上と海上の巡行(じゅんこう)があり、特に海上渡御(とぎょ)は日没後、多くの提灯で船を飾って海上へ繰り出し、関門海峡を一巡します。別名「提灯まつり」とも呼ばれます。
2日目の夜には、花火大会も行う予定です(約2,200発、20時〜20時50分)。
荒天中止


開催月日
平成28年7月29日(金曜)・30日(土曜
開催場所
亀山八幡宮(中之町)
交通
JR下関駅からバス7分、「唐戸」下車、徒歩5分
お問合せ
亀山八幡宮 083-231-1323
このページのトップへ


豊北町の観光梨狩り(ほうほくちょうのかんこうなしがり)
豊北梨狩り豊北町には、豊北第一農園、寺畑農園、中原農園、豊北ピアファームといった観光梨狩りの体験できる農園があります。愛甘水や幸水、豊水、新興など、さまざまな種類の味を楽しめ、梨の食べ比べもできます。

味覚狩り情報のページ

開催期間
平成28年8月〜9月が中心(農園によって異なります)
開催場所
豊北町の梨園4箇所
交通
下関ICから車で1時間〜1時間30分
お問合せ
豊北梨生産組合 083-782-1503
このページのトップへ


豊田町の観光梨狩り(とよたちょうのかんこうなしがり)

豊田の梨豊田町では、梨・巨峰と数ある特産の中でも秋の味覚の王様と賞される二十世紀梨のもぎとり梨園が開放されます。入園料(大人500円、小人300円)を払えば食べ放題とあって家族連れに人気、一日中楽しめます。

味覚狩り情報のページ

開催期間
平成28年8月下旬〜9月下旬
開催場所
豊田町の梨園
交通
小月I.Cまたは美祢I.Cから車で20〜30分
お問合せ
梨狩り案内所(道の駅蛍街道西ノ市) 083-767-0241
豊田梨共同出荷組合083-766-1345
このページのトップへ


網曳祭(あみびきさい)
 祭神 中山忠光(なかやま ただみつ)の故事に由来するもので、海岸に祭壇を設け、網曳きをして獲られた魚の中で大きく美しい魚を神前に供えて豊漁を祈願するものです。なお、夏越祭も一緒に行われ、地引き網は16時頃に行われます。
開催日時
平成28年8月6日(土曜) 14時〜21時
(例年、8月の第1
土曜日
開催場所
中山神社(綾羅木本町7丁目)
交通
JR山陰本線綾羅木駅より徒歩10分
お問合せ
中山神社 083-253-0704
このページのトップへ


豊浦夏まつり&花火大会(とようらなつまつりあんどはなびたいかい)
豊浦夏まつり&花火大会豊浦町の美しい海を満喫できる会場で催される夏祭り&花火大会。夏の輝く水面、沈み行く美しい夕日、夕闇に浮かぶ灯篭の明かり、そしてフィナーレを飾る約2,500発の打上花火が豊浦の夜空を彩ります。

平成27年度のチラシはコチラ(PDF形式2MB)です。

開催日時
平成28年8月上旬 17時〜21時(予定)
※花火大会は、20時〜20時40分(予定)
※少雨決行。荒天の場合は、花火大会のみ翌日に延期
開催場所
涌田漁港漁村広場特設会場(下関市豊浦町涌田後地)
交通
・小月I.Cから車で30分又は下関ICから車で30分
お問合せ
下関市豊浦町ふるさとづくり推進協議会 083-772-4001
このページのトップへ


数方庭祭(すほうていさい)
数方庭祭仲哀(ちゅうあい)天皇の故事に由来し、「天下の奇祭」といわれるユニークなお祭りです。
19時から本殿で神事を行った後、神主を先頭に太鼓・鉦にあわせて神社前庭中央の「鬼石」まで進み、太鼓の音にあわせてお払いをし、先ず笹飾りの切籠(きりこ)を持った女性や子どもが3回鬼石の周りをまわります。次に、小幟・中幟・大幟の順に鬼石を周りますが、何と言っても数方庭祭の特徴は男性が20メートル以上もある幟を天高くかつぐところにあります。城下町長府を代表する勇壮な行事に毎年多くの人が集まります。
山口県無形民俗文化財に指定。


平成27年度のチラシ (pdf形式:929KB) (pdf形式:591KB)

開催日時
平成28年8月7日()〜13日() (例年、8月7日〜13日)
19時30分〜21時30分(本殿祭は19時〜)
開催場所
忌宮神社(長府宮の内町)
交通
JR下関駅からバス23分「城下町長府」下車、徒歩5分/下関ICから車で約20分
お問合せ
忌宮神社 083-245-1093
このページのトップへ


関門海峡花火大会(かんもんかいきょうはなびたいかい)
関門海峡花火大会関門海峡の美しい夜景を舞台に海峡の両岸から打ち上げられるます。今年は華麗に豪華にスケールアップ!およそ1万5千発の花火が夜空に咲きます。美しい関門海峡の夜景に加え、対岸から打ち上げられる花火とのコントラストが非常にきれいなのが特徴です。(雨天決行、荒天中止、順延無し)

下関のあれこれ「関門海峡花火大会」のページ

平成27年度のチラシはこちら(PDF形式:324KB)

例年、会場から周辺各地において、深夜まで大規模な交通渋滞が発生しています。できるだけ公共交通機関でお越しください。

開催月日
平成28年8月13日(曜) (例年、8月13日)
開催場所
あるかぽーと地区を中心に関門海峡沿岸一帯
交通
・JR下関駅からバス5分「海響館前」下車、徒歩1分
・JR下関駅から徒歩15分
・バス停「唐戸」下車、徒歩4分
お問合せ
(一財)下関21世紀協会 083-223-2001
このページのトップへ


しものせき馬関まつり(しものせきばかんまつり)
平家踊総踊り大会(馬関まつり)全市をあげて行われる市民のお祭りです。平家踊りなどを中心に、随所に特設会場を設けて多彩な催しが行われます。

平成27年度のチラシはこちら。
(PDF形式:1,428KB) 、 (PDF形式:2,535KB)

下関のあれこれ「しものせき馬関まつり」のページ



開催月日
平成28年8月20日(土曜)・21日(日曜
開催場所
JR下関駅から唐戸までの各所
交通
JR下関駅より徒歩5分
お問合せ
下関まつり合同会議事務局(下関市観光政策課内) 083-231-1350
このページのトップへ


豊北夏まつり(ほうほくなつまつり)
豊北夏まつりの花火海上から花火が打ち上がるほか、郷土の太鼓演奏はじめステージイベントやバザーなど、地域をあげてのお祭りです。

豊北夏まつりのページ


開催日時
平成28年8月下旬 17時から(予定)
開催場所
阿川ほうせんぐり海浜公園(豊北町阿川) 
交通
・JR山陰本線阿川駅から徒歩15分
・下関ICまたは美祢ICから70分
お問合せ
豊北総合支所地域政策課 083-782-1914 (平日のみ 8:30〜17:15)
このページのトップへ



しものせき観光ホームページトップへ