角島
 コバルトブルーの海を渡ると、
  そこは奇蹟が舞い降りた島。

映画「四日間の奇蹟」の舞台となった島。まるで海の上を滑るようにして橋を渡ると、そこは手つかずの自然が残された北長門海岸国定公園。心地よい潮風に吹かれながら、悠久の昔から今へと続く、人と自然とが共生する営みを肌で感じられる場所です。
角島マップ

角島大橋 
「角島大橋」の画像  通行料無料の橋としては日本屈指の長さ1,780mを誇る角島大橋は、当地特有のコバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)を跨ぎ、景観と調和したその雄姿は北長門海岸地域随一の景勝地です。

所在地 下関市豊北町神田〜角島
交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス25分(または15分)「ホテル西長門リゾート入口」下車、徒歩3分/下関I.Cから車で70分
料金 無料


角島大橋ライトアップ

このページのトップへ

角島灯台公園 
 島の最西端に立つ角島灯台(市の有形文化財指定)は、明治9年に初点灯し、日本海に面した物としては最初の洋式灯台で、今なお現役で活躍中です。その高さは29.6mもあり、あらゆる角度から見ても美しい御影石造りの円形灯台です。その美しさは「あなたが選ぶ日本の灯台50選」にも選ばれています。105段のらせん階段を上ると、屋上の踊り場からは360°のパノラマが広がります。

所在地 下関市豊北町角島2343-2
交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス33分(または23分)「灯台公園前」下車、徒歩3分/下関I.Cから車で70分
料金
灯台参観:大人200円(小人無料)
営業時間 5〜9月 9:30〜16:30(最終入館16:15)
  10〜4月 9:00〜16:00(最終入館15:45)

お問合せ 083-786-0108


 角島灯台ライトアップ※期間限定

「角島灯台」の画像
「角島灯台と夕日」の画像
このページのトップへ

映画「四日間の奇蹟」礼拝堂ロケセット 
礼拝堂ロケセット

 大浜海水浴場に建つ礼拝堂は、映画のロケセットとして建てられたものです。この建物は、もともと海水浴場に設置してあったトイレを利用し、それを覆うようにして作られました。

交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス32分(または22分)「大浜海水浴場」下車、徒歩3分/下関I.Cから車で70分
料金 無料
お問合せ豊北町観光協会観光案内(道の駅「北浦街道豊北」内)083-786-0234

このページのトップへ

つのしま自然館

 角島のもつ、豊かでかけがえのない自然の財産、角島を含む北長門海岸国定公園についてわかりやすく紹介した施設です。館内には、平成15年に新種の鯨として認定された「ツノシマクジラ」の骨格標本レプリカなどを展示しています。
 定期的に自然観察会を観察するなど、憩いの場、交流の場としての役割も担っています。


所在地 下関市豊北町角島飛渡893-1
交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス32分(または22分)「大浜海水浴場」下車すぐ/下関I.Cから車で70分
料金 入館協力金:大人200円、高校生以下不要
開館時間 9:00〜16:30
休み 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
お問合せ つのしま自然館 083-786-0430

つのしま自然館外観
ツノシマクジラ骨格標本
このページのトップへ

角島大浜海水浴場・キャンプ場

角島大浜海水浴場

 角島を代表する海水浴場は、南国のようなコバルトブルーの海で、全国でも指折りの透明度です。小さな貝殻で構成されるさらさらの白い砂浜も、あわせて大浜の美しさを作り出しています。その美しさに、毎年、近県各地からたくさんの人が海水浴にやってきます。また、ここから見える、日本海の夕日は、思わず言葉を失うほどの絶景です。
 海水浴場内には、バンガロー、休憩所、シャワー施設、炊飯塔を完備しているので、キャンプスポットとしても人気です。

下関市海水浴情報のページへ

交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス32分(または22分)「大浜海水浴場」下車すぐ/下関I.Cから車で70分
お問合せ 083-786-0477

このページのトップへ

コバルトブルービーチ 

 しおかぜの里角島の目の前に位置する海水浴場。その名のとおり、心地よい潮風とコバルトブルーの海が楽しめます。シーズン中の海水浴はもちろん、冬場はサーフィンを楽しみに遠方からもたくさんの人がやってきます。

下関市海水浴情報のページへ

交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス31分(または21分)「学校横」下車すぐ/下関I.Cから車で70分

しおかぜコバルトブルービーチ
このページのトップへ

しおかぜの里角島

しおかぜの里角島外観
特産品販売所

 地元で取れる新鮮な食材にこだわった食事や特産品を提供しています。外観は海からの強い風をしのぎ、国定公園の風景になじむよう、角島に点在する「めのは小屋」(磯ものを採るための道具小屋で、灯台付近などにある)をイメージして設計されました。    
 レストランからの眺めは、美しい日本海が一望できる開放感あふれるつくりとなっており、天井を見上げると太い丸太の梁が荒々しくむきだしになっています。
  また、特産品販売所内は、暖かみのある木造で仕上げられ、天井には魚網やウキなどが張り巡らされているため、まるで漁港のようです。

所在地 下関市豊北町角島853-4
交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス31分(または21分)「学校横」下車すぐ/下関I.Cから車で70分
営業時間 9:00〜17:00(7・8月は9:00〜18:00)
休み 水曜日(祝日の場合は翌日、7・8月は無休)、年末年始(12/31〜1/1)
お問合せ しおかぜの里 角島 083-786-0700

このページのトップへ

角島サイクルポート

しおかぜの里角島に隣接されたサイクルポートには、40台のレンタサイクルがあり、自転車で角島島内を周遊し、自然を満喫していただくことができます。


所在地 下関市豊北町角島853-4
交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス31分(または21分)「学校横」下車すぐ/下関I.Cから車で70分
料金レンタサイクル使用料
 【電動アシスト車】
 ・2時間まで410円
  以後1時間毎に200円追加
 【その他の自転車】
 ・「大人」2時間まで200円
  以後1時間毎に100円追加
 ・「子供」2時間まで100円
  以後1時間毎に50円追加

注)18歳以上の者が同伴していない小学生及び6歳以下の者(小学生は除く。)は、レンタサイクルを使用することはできません。

営業時間 9:00〜17:00
  (7・8月は10:00〜18:00)
休み 水曜日(祝日の場合は翌日)
  12月1日〜翌年の2月末日
お問合せ サイクルポート  083-786-2160
このページのトップへ

瀬崎陽の公園(せさきあかりのこうえん)

公園から眺める角島大橋

 本州から角島に渡ってすぐ左手にある公園です。かつて島の岬にあった燈明台のあかり(陽)が、付近を航行する船の安全を守ったという伝説からこの名前が付けられました。角島大橋のたもとにあり、橋と海士ケ瀬を一望でき、島内屈指のビュースポットです。

交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス28分(または18分)「瀬崎」下車すぐ/下関I.Cから車で70分

このページのトップへ

牧崎風の公園(まきざきかぜのこうえん)
 日本海の風を感じ、景色を一望できるよう、遊歩道が整備されています。夏の景観はもとより、冬場の波の花が飛ぶ様は圧巻です。
 角島は奈良時代より牛の「牧」があり、そこから牛皮8枚を朝廷に貢進して以来、 「牧」の島として名をはせ、現在も牛の放牧が行われています。公園の岬をぐるりと回る遊歩道を歩くと、のどかな風景に心が洗われます。

交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス40分(または24分)「牧崎公園口」下車、徒歩15分/下関I.Cから車で75分

牧崎風の公園牧崎の牛
このページのトップへ

夢崎波の公園(ゆめさきなみのこうえん)
「夢崎波の公園」の画像

 灯台公園に隣接した公園で、波をテーマにした園内には、花で波をイメージした花壇が造られ、ハマユウ、ダルマギク、スイセンハマヒルガオなど角島自生の草花も1年を通して咲き競います。
下関花暦はこちら

交通 JR滝部駅(または特牛駅)からバス44分(または28分)「灯台公園前」下車、徒歩5分/下関I.Cから車で75分
お問合せ 083-786-0108

このページのトップへ

ハマユウ・ダルマギク群生地

 角島は北長門海岸国定公園に指定され、島内には貴重な美しい植物が自生しています。ハマユウは7月20日前後、ダルマギクは10月下旬から11月上旬にかけて見ごろを迎えます。
下関花暦はこちら

 
いつまでも島の美しい自然を守るため、観賞される際には、くれぐれも自生植物を持ち帰ることのないよう、環境保全にご協力ください。


ハマユウダルマギク
このページのトップへ

しものせき観光ホームページトップへ
ハマユウ群生地 夢崎波の公園 角島灯台公園 映画「四日間の奇蹟」礼拝堂ロケセット つのしま自然館 しおかぜの里角島 しおかぜコバルトブルービーチ 瀬崎陽の公園 ダルマギク群生地 牧崎風の公園 角島大橋 ハマユウ群生地 角島サイクルポート 映画「四日間の奇蹟」礼拝堂ロケセット ダルマギク群生地 牧崎風の公園 夢崎波の公園 角島灯台公園 角島灯台公園 つのしま自然館 しおかぜの里角島 瀬崎陽の公園 大浜海水浴場・キャンプ場 しおかぜコバルトブルービーチ