巌流島島の現況  関門海峡に浮かぶ巌流島の正式名称は「船島」。この島で、慶長17(1612)年4月13日に宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘し、敗れた佐々木小次郎の流儀「巌流」をとって巌流島と呼ばれるようになりました。
 現在は、観光周遊船が接岸できる浮桟橋をはじめ、決闘の地を連想させる海浜整備、宮本武蔵・佐々木小次郎両雄の像、関門海峡沿いには散策道や休憩所も整備されました。大小さまざまな船が行き交う関門海峡の雄大な景観を眺めつつ、潮風に吹かれながらの巌流島散策はいかがですか。
船島(巌流島)
所在地:下関市大字彦島字船島648番地
島の周囲:約1.6km
島の面積:約10.3万u(※島の約1/3を下関市が、2/3は民間企業が所有)
・現在の面積は決闘当時に比べて3〜6倍程度大きくなっていると言われています。
・現在は無人島ですが人が住んでいたこともあります。
主な見所
●巌流島文学碑
●巌流島木碑
●佐々木巌流之碑
●展望広場に対峙する武蔵像・小次郎像(武蔵像はH15.4.14、小次郎像はH14.12.11除幕)
●決闘の地を連想させる人工海浜
●海峡沿いの散策道 など
巌流島位置図 島内平面図
▲巌流島位置図(左)・島内平面図(右)※クリックで拡大します
島内の様子
武蔵・小次郎像 佐々木巌流之碑
▲展望広場にたつ宮本武蔵と佐々木小次郎像(関門海峡の雄大な眺めをバックに対峙しています) ▲佐々木巌流之碑(船島開鑿工事完成を祝って明治43年に建立されたもので小次郎の墓ではありません。)
巌流島文学碑・木碑 巌流島文学碑
▲巌流島文学碑(右)、巌流島木碑(左) ▲巌流島文学碑
浮桟橋 散策道
▲観光周遊船も接岸可能な浮桟橋 ▲海峡沿いに続く散策道
散策道 人工海浜
▲散策道(休憩所も整備) ▲人工海浜(写真奥は散策道。)
バーベキューサイトと休憩所 ― バーベキューサイトについて ―
施設内容 バーベキューサイト(鍵つき) 5基
休憩施設(テーブル・ベンチ) 3基
利用時間 午前10時〜午後5時
使用料 無料
利用方法 サイトの利用を希望される方は、事前に観光施設課への申請が必要となります。詳細はこちらへ。
お問合せ 下関市観光施設課(平日 8:30〜17:15)
083-231-1838
▲バーベキューサイト(H.19.9.1 OPEN)

巌流島トップページへ戻る/島の現況/島へ渡る/島を眺める/巌流島絵はがき/その他情報