歴史エンターテイメント

源平night in 赤間神宮


「源平night in 赤間神宮」の画像
源平night in 赤間神宮とは、一言で言えば、歴史舞台劇の宝塚。
源平壇之浦の合戦から800有余年。日本の歴史が動くとき、常にスポットライトを浴びてきた下関・関門海峡。
源平nightでは、義経の八艘飛びから維新 奇兵隊まで、時代の潮流を一つの舞台劇に仕立てました。幻想的にライトアップされた夜の赤間神宮をステージに繰り広げられる、一大歴史絵巻「源平night in 赤間神宮」を、ぜひご覧ください。
※赤間神宮の駐車場は収容台数が少ないため、お車でお越しの際は唐戸市場駐車場や赤間町駐車場などをご利用ください。(料金・場所など詳細は「唐戸地区駐車場マップ」をご参照ください。)
なお、当日は大変混雑しますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
演目
@平家太鼓、A平家哀歌、B義経八艘飛び、C平家終焉、D平家太鼓、E怪談 耳なし芳一
F武蔵小次郎決闘、GMusical維新〜奇兵隊〜、H海峡上臈絵巻、Iフィナーレ
「平家太鼓の演奏」の画像 「義経八艘飛び」の画像 「怪談 耳なし芳一」の画像
▲平家太鼓の演奏
平家の悲哀を伝える平家太鼓。勇壮なリズムが下関の夜空に響きます。

▲義経八艘飛び
源平最後の戦いとなった壇之浦の合戦。海峡を華麗に舞う義経の姿に注目。
▲怪談 耳なし芳一
物悲しくも、切ない物語が現代によみがえります。
「武蔵小次郎決闘」の画像 「維新奇兵隊」の画像 「海峡上臈絵巻」の画像
▲武蔵・小次郎決闘
武蔵VS小次郎の決闘を再現。
この戦いは見逃せない。
▲Musical維新〜奇兵隊〜
明治維新の原動力となった奇兵隊の活躍を歌と踊りで表現します。
▲海峡上臈絵巻
ライトアップされた赤間神宮での上臈の舞は、皆様を幻想の世界に誘います。
 
■開催日時
  平成28年10月1日、8日、15日、22日(土曜) 午後8時〜午後9時20分(開場は午後7時00分)
■観覧料
  無料
■開催場所
  赤間神宮(下関市阿弥陀寺町4-1)
  JR下関駅からバス10分「赤間神宮前」下車すぐ
  
※雨天・荒天の場合、中止
上演プログラム(予定)
  @平家太鼓 A平家哀歌 B義経八艘飛び C平家終焉 D平家太鼓 E怪談 耳なし芳一
  F武蔵・小次郎決闘 GMusical〜維新奇兵隊〜 H海峡上臈絵巻 Iフィナーレ

■収容人数
  総座席数:約300席(先着順)
■主催

  しものせき観光キャンペーン実行委員会
お問合わせ先

  〒750-0008 下関市田中町5-6
  しものせき観光キャンペーン実行委員会(下関市観光政策課)
  (Tel:083-231-1350 Fax:083-231-1853)
 宿泊者限定! 観覧座席を予約できます!
申込対象 公演日当日(土曜)、下関市内の宿泊施設にお泊りの方
予約方法 宿泊施設フロントに、宿泊予約時に合わせて予約してください。各宿泊施設から「しものせき観光キャンペーン実行委員会」へ予約手続きが行われます。
当日、宿泊施設にてお客様にチケットをお渡しいたします。
申込締切 観覧希望日(宿泊日)の3日前まで。
席数 各回限定200席 ※先着順
予約開始 平成28年5月16日(月曜)
お問合せ 下関市観光政策課 083-231-1350


ライトアップされた
赤間神宮水天門
 


しものせき観光ホームページトップへ
 | しものせき観光キャンペーンのページへ |
 ウィンドウを閉じる