自然と歴史と人が織りなす交流都市
下関市
下関市立長府博物館 トップページ 利用案内 展示情報 図録紹介 特別観覧 東行記念館 リンク

長府博物館概要

長府博物館外観紅葉 下関市立長府博物館は、昭和55年4月1日に開設した郷土の歴史博物館で、『下関の歴史と文化』を基本テーマとし、下関と周辺地域の歴史・民俗に関する資料の収集・調査研究および展示活動を行っています。
また、収蔵品は、長府毛利家遺品・幕末維新資料を中心に各時代各分野にわたっています。
当館は、昭和8年10月、長府在住の桂弥一が尊王精神の高揚を図るために設立した長門尊攘堂が前身。戦後は財団法人長府博物館に組織替えして、地域の歴史や美術を中心に博物館活動を展開しました。
なお、博物館本館(旧長門尊攘堂)は平成11年6月7日、戦前の博物館施設の典型として、国の登録有形文化財に登録されました。
   
11月カレンダー 12月カレンダー 1月カレンダー
1 1 2 3 4 5 6 1 2 3
2 3 4 5 6 7 8 7 8 9 10 11 12 13 4 5 6 7 8 9 10
9 10 11 12 13 14 15 14 15 16 17 18 19 20 11 12 13 14 15 16 17
16 17 18 19 20 21 22 21 22 23 24 25 26 27 18 19 20 21 22 23 24
23 24 25 26 27 28 29 28 29 30 31 25 26 27 28 29 30 31
30

 休館日
※11月4日から11月7日まで、特別展準備のため臨時休館をいたします。  
※12月8日から12月12日まで、特別展撤収・常設展準備のため臨時休館いたします。
※12月28日から1月4日まで、年末年始の休館となります。  
  • 現在は、全館が特別展示となっております(坂本龍馬に関する資料は展示しておりません)。  

    【お詫び】  
    当館は、管理運営上(国登録有形文化財)、館内に空調設備が整っておりません。観覧者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
  •   

    高杉晋作決起150年記念特別展示「晋作決起−元治の大局−」の開催について

    元治の大局1 元治の大局2     
    【会期】平成26年11月8日(土)〜平成26年12月7日(日)

    【内容】
     元治元年(1864)「禁門の変」によって「朝敵」の汚名を蒙った長州藩。この直後、長州征討の勅許が降され、征長軍が目前に迫る窮地に陥ります(「第一次長州征討」)。     
     この際、長州への処遇を巡って、朝廷・幕府・征長總督府が意見の食い違いをみせ、さらには諸藩の主張も相まって、中央政局は混乱していきました。「第一次長州征討」は、単に長州の一大事だけに留まらず、国家の擾乱を招くと共に、新時代の到来を早める一大契機となったのです。
     このような幕末史上、重要な時期に下関で長州変革の狼煙が上がります。高杉晋作の「決起」です。
     本展は、高杉晋作決起150年を記念して下関市立東行記念館と合同で開催するものです。幕末史という大きな流れの中での「決起」の位置づけとその意義を探り、合わせて、この一連の事象における長府藩・清末藩の果たした役割も再確認していただければ幸いです。

    【観覧料】一般400円(320円) 大学生等200円(160円)     
          ※(  )内は20名以上の団体料金

    【詳細】チラシ(裏)
      

    下関市立東行記念館 高杉晋作決起150年記念特別展示「晋作決起−長州復権への道−」の開催について

    長州復権への道1 長州復権への道2     
    【会期】平成26年11月5日(水)〜平成26年12月7日(日)

    【内容】
     元治元年(1864)12月15日、決起した高杉晋作。わずかな同志とともに、晋作は下関で長州変革の狼煙を上げたのです。     
     この時、「禁門の変」によって「朝敵」の烙印を押された長州藩は、目前に迫る幕府軍を前に(「第一次長州征討」)、その対処を巡って大きく揺れ動いていました。さらに、将来を憂い行動した者たちの衝突が続き、自ら瓦解を招くような状況にあったのです。
     このような苦境の中、晋作を「決起」に突き動かしたものは何だったのでしょうか。
     本展は、高杉晋作決起150年を記念して下関市立長府博物館と合同で開催するものです。晋作の生涯から「決起」の位置づけとその意義を探り、あわせて、長州藩の幕末史に果たした意味を再確認していただければ幸いです。

    【観覧料】一般400円(320円) 大学生等300円(240円)     
          ※(  )内は20名以上の団体料金

    【関連行事】
    高杉晋作決起150年記念講演
    日時:平成26年11月23日(日・祝)10:00〜11:30
    会場:東行記念館1階講堂
    参加料:無料
    定員:先着50名(要予約)
    ご予約・問い合わせ先:下関市立東行記念館 TEL.083-284-0212     
    演題@「晋作決起−元治の大局−」講師:田中洋一(下関市立東行記念館学芸員)     
    演題A「晋作決起−長州復権への道−」講師:一瀬 幹(下関市立東行記念館学芸員)

    【詳細】チラシ(裏)
      

    常設企画展「勤王商人 白石正一郎」の開催予定

    勤王商人     
    【会期】平成26年12月13日(土)〜平成27年2月15日(日)

    【内容】
     下関竹崎で荷受問屋を営み、清末藩の御用達を勤めた白石正一郎。     
     正一郎は、近世に港湾都市として栄えた下関において、大きな経済効果を生む諸国の廻船交易に参入できない新興商人でした。そのため、藩内外の交易相手に機敏に対応し、商利を求めて積極的に藩際交易(藩と藩の交易)を開拓することとなります。
     また、両親の影響を受けたのか、国学に傾倒し、自ら奇兵隊に参加するなど、尊王攘夷運動に身を投じていきました。
     本展は、正一郎が「国家」のために経済活動・攘夷運動に奔走していたことを資料によって跡づけるものです。また、その過程から生まれた幅広い人脈を通じて、相互扶助に似た人間関係が構築されたことを認識していただければ幸いです。

    【観覧料】一般200円(160円) 大学生等100円(80円)     
          ※(  )内は20名以上の団体料金
      

    下関のあしあとシリーズ(長府博物館発行リーフレット)

       
    龍馬のあしあと 秀元のあしあと 晋作のあしあと
    【歩いて発見下関シリーズ@】
    龍馬の夢・お龍の愛
    そして2人を迎えた馬関の志
    龍馬のあしあと

    表紙
    1P〔下関駅周辺〕
    2P〔唐戸周辺〕
    3P〔城下町長府・博物館の龍馬資料一部〕
    4P〔巌流島・龍馬と下関関連年表〕
    【歩いて発見下関シリーズA】
    毛利家四本目の矢、ここにあり!!
    毛利秀元のあしあと


    表紙
    1P〔唐戸・新下関駅周辺〕
    2P〔城下町長府・博物館の秀元資料一部〕
    3P〔全国の足跡・秀元関連年表〕
    【歩いて発見下関シリーズB】
    赤間関之鎮主と相成候志に御座候
    高杉晋作のあしあと


    表紙
    1P〔下関駅周辺〕
    2P〔唐戸周辺・長府・博物館の晋作資料一部〕
    3P〔吉田・晋作関連年表〕

    PDFアイコン*上記のリーフレットをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader が必要です。

    毛利秀元をもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。  
    海峡と歴史のまち 下関観光ホームページ内  『毛利四本目の矢、ここにあり!! 毛利秀元のあしあと』
      

    お知らせ

    ◎展示中
  • 平成26年11月8日(土)〜12月7日(日) 高杉晋作決起150年記念特別展示「晋作決起−元治の大局−」

  • ☆展示予定  
    ※通常、当館の常設展示は3コーナーで構成されます。
  • 平成26年12月13日(土)〜 常設展示「勤王商人 白石正一郎」
  • 平成26年12月13日(土)〜 常設展示「松陰門下と下関」
  • 平成26年12月13日(土)〜 常設展示「乃木希典と家族の肖像」
  • 平成27年2月上旬予定 下関市合併10周年記念企画展示「下関の毛利氏−元就庶子の系譜」(仮称)

  • ◇お知らせ
  • 平成25年3月26日 史料叢書1「三吉周亮履歴并日記中摘要(長府藩家老三吉家文書)」刊行
  • 平成26年11月8日 高杉晋作決起150年記念特別展示「晋作決起−元治の大局−」開催
  • 平成26年4月1日 シルバー人材センターとの契約等についてのお知らせを掲載しました。

  • お問い合わせ
    下関市立長府博物館
    郵便番号 752−0979
    所 在 地  山口県下関市長府川端一丁目2番5号
    電   話 083−245−0555
    ファックス 083−245−0783


    このページのトップへ     

    ご意見ご感想等ございましたらこちらまでどうぞ
    このホームページの内容は、下関市立長府博物館が編集・構成しました。

    資料の写真などについては下関市立長府博物館の許可なく使用できません。

    平成12年10月設置