自然と歴史と人が織りなす交流都市
下関市
トップページ 利用案内 展示情報 図録紹介 特別観覧 東行記念館 リンク

下関市立長府博物館 施設案内

 博物館の外観は、徳山(現在、周南市)富田から採掘された平野石を削って整層積みとし、目地を直線にとおした仕上げとなっています。 また、隣接する国宝の功山寺仏殿が唐様の木造檜皮葺に対比して、屋根は本瓦葺となっており、景観に調和した配慮がなされています。
 館内は自然に近い湿度調節を目的に床材として桜が使用され、高い天井が空調をなすなど、戦前に建築された典型的な博物館施設として、当時の技術を垣間見ることができます。
 歴史ある当館で、下関ゆかりの歴史資料を御覧になってみませんか。
 
構造本館:鉄筋コンクリート造平屋建瓦葺
延床面積本館:315u(展示スペース:220u)

展示情報

下関市立歴史博物館の開館(平成28年11月18日)準備のため、平成27年6月1日より休館しております。