自然と歴史と人が織りなす交流都市
下関市
トップページ 利用案内 展示情報 図録紹介 特別観覧 東行記念館 リンク

博物館資料の特別観覧について

 当館では研究者や市民の地域史研究(※観光目的では不可)に資するため、博物館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。

■特別観覧の申請方法について
 画像等の貸出・掲載、収蔵品及び寄託品の撮影・熟覧等に際しては特別観覧の申請が必要です。
 下記の申請書様式で申請してください。

※申請書の様式
  @ 下関市立歴史博物館特別観覧許可申請書

  A 下関市立東行記念館特別観覧許可申請書

■特別観覧料の納付
 許可書発行日から45日以内に、所定の納付書にてお支払いください。
 ※許可者(申請者)宛の納付書を発行いたします。許可者(申請者)以外への納付書は発行できません。
 なお、料金については、下記の表のとおりです。

※納入期限の重要事項
 納入期限を過ぎますと、下関市会計規則第122条に基づき、債務不履行に係る督促状を通知させていただきます。
 その際、地方自治法第231条の3第2項及び下関市督促手数料及び延滞金の徴収に関する条例第2条に基づき、督促手数料として100円徴収させていただくとともに、同法第231条の3第1項及び同条例第3条に基づき、納期限の翌日から納入の日までの期間の日数に応じ、年14.5%の割合を乗じて計算した金額に相当する延滞金を徴収させていただきます。


■画像利用許可について
 画像の利用は、特別観覧の申請様式に記入された利用者、利用目的等ならびに当館の発行する許可書に記載された内容に限定して許可いたします。

■画像の貸出期間
 画像の貸出期間については、原則として提供後1ヶ月以内とします。

■画像の部分利用等
 資料の尊厳を傷つける利用はできません。
 なお、資料の部分利用やトリミングを予定している場合は、事前に掲載形態を確認させていただくこともあります。  

■所蔵先の明記等
 所蔵先名及び寄託者名など、所定のクレジットを記載していただきます。

■再版・再放送の申請
 一度許可された画像を別の目的で使用する場合、別に資料掲載許可申請書(任意様式)をご提出ください。  

■申請書の送付
 申請書を送付する際、必ず返信用の封筒を同封ください。  

■許可書・画像の送付
 許可が下り次第、許可書、納付書、画像(画像提供の場合)を送付します。
 申請件数が多いため、送付までに約1週間かかります。余裕を持って申請してください。

 利用を希望される方は、使用条件等の確認事項がございますので、必ず事前に博物館へご連絡下さい。

博物館資料特別観覧料
区  分
博物館資料1件につき
熟 覧
1日  200円
模 写,模造等
1日 1,030円
撮影等
モノクローム
学術研究を目的とする場合
1回  150円
出版等収益を伴う場合
1回 1,550円
カラー
学術研究を目的とする場合
1回  300円
出版等収益を伴う場合
1回 3,120円
備考 撮影等は,博物館が撮影した博物館資料の写真貸与による掲載又は映像制作も含む。


お問い合わせ
下関市立歴史博物館
郵便番号 752−0979
所在地 山口県下関市長府川端二丁目2番27号
電話 083−241−1080
ファックス 083−245−3310