自然と歴史と人が織りなす交流都市
下関市
下関市立長府博物館 トップページ 利用案内 展示情報 図録紹介 特別観覧 東行記念館 リンク

下関市立東行記念館概要

東行記念館外観桜  東行記念館は、高杉晋作100年祭記念事業の1つとして全国有志の寄付により、昭和41年4月14日に開設。 その後、平成22年6月1日、東行記念館の2階部分を下関市立東行記念館として開設しました。
 また、高杉晋作と奇兵隊及び下関市吉田地区に関する資料などを収蔵しており、幕末・維新期を中心に展示活動を行っています。

下関市立東行記念館カレンダー

   
7月カレンダー 8月カレンダー 9月カレンダー
1 2 1 2 3 4 5 6 1 2 3
3 4 5 6 7 8 9 7 8 9 10 11 12 13 4 5 6 7 8 9 10
10 11 12 13 14 15 16 14 15 16 17 18 19 20 11 12 13 14 15 16 17
17 18 19 20 21 22 23 21 22 23 24 25 26 27 18 19 20 21 22 23 24
24 25 26 27 28 29 30 28 29 30 31 25 26 27 28 29 30
31

 休館日
            

利用案内

開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日・年末年始(12月28日〜1月4日)
※その他展示替えなどで臨時休館があります
観覧料 ◆常設展示 (  )内は20人以上の団体料金   
  • 一  般:300円(240円)   
  • 大学生等:200円(160円)

  • 観覧料が無料となる方
  • 18歳以下の方
  • 高等学校・中等教育学校と特別支援学校に在学の生徒
  • 70歳以上の方、下関市内及び北九州市内に居住する65歳以上の方
  • 障がい者の方(付き添いの方1名まで)
    ※受付の際、身分証明証等の提示をお願いする場合がございますので、ご協力をお願いします。
  • 交通案内

  • JR小月駅から秋芳洞・湯谷温泉・吉田方面行きのバスに乗車(約15分)
  • JR下関駅から秋芳洞・湯谷温泉・吉田方面行きのバスに乗車(約50分)
      東行庵前で下車、徒歩5分。東行庵入口で下車、徒歩10分。東行庵境内の中。
  • 展示情報

    幕長戦争150年記念企画展「小倉口の戦い−決戦の行方−」 平成28年7月12日(火)〜平成28年9月25日(日)

    小倉口の戦いを中心に四境戦争(幕長戦争)についてご紹介します。長州藩における四境戦争の意義を再確認していただけると幸いです。
     
    〈 主な展示物 〉
        
    「小倉戦争差図書 巻之三」  

     高杉晋作による長州軍への指図書。展示部分では、田浦(田ノ浦)・文字(門司)・大里にある三ヶ所の陣所を焼払ったので、
     次は小倉城を攻め落とす段階になるが、敵も「一生懸命」に城を「厳守する之手立」を講じるだろうと述べている。
        
    「奇兵隊戦況報告書」
     
     慶応2年(1866)7月3日の「大里戦争」における戦況を報告したもの。  
     6月17日の門司・田ノ浦での初戦に勝利した長州軍は、7月3日未明、報国隊による幕府軍艦富士山丸への奇襲と同時に彦島砲台から大里を砲撃。    
     続いて闇夜に紛れて門司に上陸した奇兵隊・報国隊・盤石隊を先鋒とする陸戦隊が、夜明けとともに大里へ進撃し、小倉藩兵を敗走させた。    
     一方、海軍の庚申丸・丙辰丸・丙寅丸は、征長軍の富士山丸・順動丸・翔鶴丸と砲撃戦を展開した後、陸軍の引き上げに際して防備役を担った。
        
    「小倉城落城図写」(下関市立歴史博物館蔵)  

     慶応2年(1866)の小倉口の戦況が描かれている。    
     小倉口は6月17日に開戦し、田ノ浦・門司・大里・赤坂などで激しい戦闘が行なわれた。    
     長州軍は最新式兵器と散兵戦術を駆使し、各地で小倉藩軍を破っている。    
     8月1日、小倉藩は城を自焼し、9月13日には田川郡香春に陣所を移している。
        
    「小倉変動に係る戦争地図絵(金辺峠)」(福岡県立育徳館高等学校錦稜同窓会蔵)  

     金辺峠を中心に、香春から小倉に向かって描かれた地図絵。香春には小倉藩政府が置かれている。
     高津尾の戦いに敗れた島村志津摩らは金辺峠へと撤退。同所を本陣として、残存する僅かな兵力で防衛軍を編成した。    
     金辺峠の関門が陥落すれば長州軍が香春へ攻め込んでくることは必至で、小倉藩は極めて重大な局面を迎えていた。
        
    「戦利品」  

     小倉城下への進撃準備のため、一旦下関へ引き揚げようとしていた山縣狂介(有朋)は、その船中で小倉方面から昇る煙を見つける。    
     すぐに大里へと引き返し、数隊を率いて小倉に入ると、城中には兵糧米や銀札、書画などが残されていた。    
     また、藩士の邸宅には家財道具などもあり、その情景からは人々の狼狽した様子がうかがえる。    
     長州軍はそれらの品々を船で下関へと持ち帰っており、今も山口県内にはこの頃の戦利品が現存している。

    イベント情報


    @同時開催 ミニコーナー「奇兵隊旧蔵の戦利品」

    小倉口の戦いに従軍した奇兵隊士らが、小倉から持ち帰ってきた戦利品のうちの数点をご紹介します。


    A夏休み企画第1弾 夏休み恒例企画!晋作クイズ

    日時:平成28年7月16日(土)〜8月31日(水)
    展示室入口に問題用紙(解答付)をご用意します。


    B夏休み企画第2弾 激突!家族対抗晋作クイズ

    日時:平成28年8月7日(日)10時〜11時
    定員:10組
    参加条件:小中学生(要保護者同伴)


    C定期講演会

    「征長軍から見た小倉口の戦い」 歴史博物館学芸員:田中洋一
    「奇兵隊士たちと小倉口の戦い」 当館学芸員:藤山佳子
    日時:平成28年9月17日(土)10時〜11時30分
    定員:なし
    予約:不要

    お知らせ

  • 平成22年6月 1日(火) 下関市立東行記念館 開館
  • 平成28年1月13日(水)〜4月10日(日)常設企画展「晋作を語り継ぐ」終了しました。  
  • 平成28年4月12日(火)〜7月10日(日)常設企画展「毛利家恩古臣 高杉晋作」終了しました。
  • 平成28年7月12日(火)〜9月25日(日)幕長戦争150年記念企画展「小倉口の戦い−決戦の行方−」開催中
  • 次回の展示情報

  • 近日、更新予定





  • 現在開催中の企画展チラシ

     
    チラシ表 チラシ裏

    詳しくはこちら→企画展チラシ
    お問い合わせ
    下関市立東行記念館
    郵便番号 750−1101
    所 在 地  山口県下関市大字吉田1184番地
    電   話 083−284−0212
    ファックス 083−284−0219