○日野温泉いこいの家の設置等に関する条例施行規則
平成17年2月13日
規則第114号
(趣旨)
第1条 この規則は、日野温泉いこいの家の設置等に関する条例(平成17年条例第166号)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。
(使用許可の申請)
第2条 条例第6条第1項の許可を受けようとする者は、日野温泉いこいの家使用許可申請書(別記様式)を市長に提出しなければならない。
2 前項の申請は、日野温泉いこいの家(以下「いこいの家」という。)を使用しようとする日の1月前からすることができる。
3 第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が許可された事項を変更しようとするときは、使用の2日前までに届け出て許可を受けなければならない。
(使用の取消し)
第3条 使用者がいこいの家の使用を中止しようとするときは、その旨を使用の2日前までに市長に申し出なければならない。
(使用者の遵守事項)
第4条 使用者がいこいの家を使用するときは、次の事項を守らなければならない。ただし、市長の許可を受けた場合は、この限りでない。
(1) いこいの家内で物品を販売しないこと。
(2) 所定の場所以外で火気を使用しないこと。
(3) いこいの家内で、張り紙、くぎ打ち等をしないこと。
(4) 許可を受けた以外のものを使用しないこと。
(5) 附属設備を所定の場所以外に持ち出さないこと。
(6) 許可を受けた場所以外に出入りしないこと。
(7) その他管理人の指示に従うこと。
(入所の制限)
第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入所を拒絶し、又は退所を命ずることができる。
(1) 感染症患者
(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは迷惑となる行為又はこれらに該当する物品、動物の類を携行する者
(3) 管理上必要な指示に従わない者
(責任者の設置)
第6条 いこいの家を使用する者は、使用中における責任の所在を明確に保持するため、いこいの家を直接使用する者の中から責任者(以下「使用責任者」という。)を決め、届け出なければならない。
(破損滅失の届出)
第7条 使用責任者は、いこいの家の建物又は附属設備を破損し、又は滅失したときは、直ちに市長に申し出て、その指示に従わなければならない。
(指定管理者による管理)
第8条 条例第13条第1項の規定により、いこいの家の管理を指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせる場合にあっては、第2条から第5条まで及び第7条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、別記様式中「下関市長」とあるのは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。
(その他)
第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。
附 則
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成18年4月5日規則第59号)
この規則は、公布の日から施行する。

別記様式(第2条関係)

日野温泉いこいの家使用許可(変更)申請書

年  月  日  

   (あて先)下関市長

申請者住所           

団体名           

代表者名           

電話   (   )    

使用する日時

月    日(  曜日)   時から    時まで 

使用の目的

 

使用する場所

(○で囲んでください。)

  休養室・作業室

人員

  予定      人  (※使用実人員      人)

使用団体名

 

使用責任者

 

受付

 

月    日 

許可

 

月    日 

No.

文書・口頭・電話

受理者

減免