○下関市立図書館の設置等に関する条例

平成17年2月13日

条例第110号

(設置)

第1条 市民の教育と文化の発展に寄与するため、図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)第10条の規定に基づき、下関市立図書館(以下「図書館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 図書館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

下関市立中央図書館

下関市細江町三丁目1番1号

下関市立彦島図書館

下関市彦島江の浦町一丁目4番28号

下関市立長府図書館

下関市長府宮の内町1番30号

下関市立菊川図書館

下関市菊川町大字下岡枝字惣田193番地8

下関市立豊田図書館

下関市豊田町大字矢田153番地1

下関市立豊浦図書館

下関市豊浦町大字川棚字田部国6895番地1

(休館日)

第3条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、中央図書館にあっては、第3号及び第4号に掲げる日並びに1月1日を休館日とする。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(4) 1月から11月までの各月の最終金曜日(その日が第2号の休日の場合は、その日の前日)及び12月28日

2 前項の規定にかかわらず、下関市教育委員会(以下「委員会」という。)が必要があると認めるときは、休館日以外の日に休館し、又は休館日に開館することができる。

(開館時間)

第4条 図書館の開館時間は、次のとおりとする。ただし、委員会が特に必要があると認めるときは、臨時に開館時間を変更することができる。

(1) 中央図書館 午前9時から午後8時までとする。ただし、5階閲覧室については午前9時から午後9時までとする。

(2) 彦島図書館及び長府図書館 午前9時30分から午後5時までとする。ただし、貸出室については火曜日から金曜日までにあっては午前9時30分から午後7時まで、土曜日及び日曜日にあっては午前9時30分から午後6時までとする。

(3) 菊川図書館及び豊田図書館 午前9時から午後6時までとする。

(4) 豊浦図書館 午前9時30分から午後7時までとする。ただし、土曜日及び日曜日にあっては午前9時30分から午後6時までとする。

(利用の制限)

第5条 委員会は、図書館を利用しようとする者又は利用している者が次の各号のいずれかに該当する場合には、図書館の利用を認めず、又は利用を中止させることができる。

(1) 図書館を利用する他の者に著しい迷惑をかけるおそれがあると認められるとき。

(2) 図書館の施設若しくは設備又は図書館資料を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) この条例の規定に違反したとき。

(4) その他委員会がその利用を不適当と認めるとき。

2 委員会は、人権擁護等の理由により利用に供することが不適当と認められる図書館資料については、これをあらかじめ指定し、その利用を制限することができる。

(豊田文化財資料室)

第6条 豊田図書館に豊田文化財資料室を置く。

(中央図書館多目的室等の使用)

第7条 中央図書館内の多目的室又は彦島図書館内の視聴覚室は、法第3条第6号に掲げる研究会等を開催する場合その他委員会が別に定める場合に限り使用できるものとし、当該研究会等で同室を使用しようとする者は、委員会の許可を受けなければならない。

2 委員会は、前項の許可に施設の管理上必要な条件を付すことができる。

第8条から第10条まで 削除

(指定管理者による管理)

第11条 委員会は、図書館の設置の目的を効果的に達成するため必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に中央図書館の管理を行わせることができる。

2 指定管理者は、法令、この条例この条例に基づく規則その他別に定めるところに従い、中央図書館の管理を行わなければならない。

3 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合において、当該指定管理者が行う業務は、次に掲げるものとする。

(1) 中央図書館の維持管理に関する業務

(2) 中央図書館の使用許可に関する業務

(3) 中央図書館の運営企画に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、委員会が必要と認める業務

4 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第5条中「委員会」とあるのは「指定管理者」と、第7条中「中央図書館内の多目的室又は彦島図書館内の視聴覚室」とあるのは「中央図書館内の多目的室」と、「委員会」とあるのは「指定管理者」と、第12条中「委員会」とあるのは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(許可の取消し等)

第12条 委員会は、次の各号のいずれかに該当するものに対して、第7条の規定による許可を取り消し、若しくは許可の条件を変更し、又は図書館資料の利用を停止させることができる。

(1) 第7条の規定による許可の条件に違反したもの

(2) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したもの

(3) その他管理上不適当と認めるもの

(損害賠償の責任)

第13条 故意又は過失により、図書館資料、施設等を著しく汚損若しくは損傷又は紛失したものは、市長の指示する方法により、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に、下関市立図書館の設置等に関する条例(昭和44年下関市条例第62号)、菊川町図書館条例(昭和32年菊川町条例第6号)、豊田町文化教育センターの設置及び管理に関する条例(平成7年豊田町条例第23号)又は豊浦町図書館条例(平成2年豊浦町条例第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月30日条例第22号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月2日条例第2号)

この条例は、平成22年3月20日から施行する。

附 則(平成24年3月27日条例第24号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月25日条例第140号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年9月30日条例第67号)

この条例は、平成26年12月20日から施行する。

附 則(平成27年3月30日条例第31号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

下関市立図書館の設置等に関する条例

平成17年2月13日 条例第110号

(平成27年4月1日施行)