○下関市上下水道局職員身分証明書規程

平成17年2月13日

水道局規程第16号

(趣旨)

第1条 この規程は、下関市上下水道局職員(以下「職員」という。)の身分証明書(以下「証明書」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において職員とは、下関市職員定数条例(平成17年条例第34号)第2条第1項第2号に規定する職員をいう。

2 前項のほか、上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)が必要と認めた者に対しては、職員に準じ証明書を交付することができる。

(証明書)

第3条 職員に対して、その身分を明らかにするため、証明書(別記様式)を発行する。

2 職員に氏名の変更があったときは、新たな証明書を発行する。

3 証明書の有効期間は、発行の日から4年とする。ただし、これによることが適当でないと認めるときは、これを短縮することができる。

(貸与等の禁止)

第4条 職員は、証明書を他人に貸与し、若しくは譲渡し、又は不正な目的で使用してはならない。

(証明書の携帯及び再交付)

第5条 職員は、証明書を常に携帯し、これを紛失し、又は甚だしく汚損したときは、直ちに管理者に届け出て、再交付を受けなければならない。

(返納)

第6条 職員が退職し、若しくは他の機関に転任し、又は死亡したときは、直ちに証明書を返納しなければならない。

附 則

この規程は、平成17年2月13日から施行する。

附 則(平成19年3月26日水道局規程第2号)

(施行期日)

1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日上下水道局規程第6号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

画像

下関市上下水道局職員身分証明書規程

平成17年2月13日 水道局規程第16号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第15編 公営企業/第2章 水道事業等/第3節
沿革情報
平成17年2月13日 水道局規程第16号
平成19年3月26日 水道局規程第2号
平成31年3月29日 上下水道局規程第6号