○下関市保健所事務決裁規程

平成24年3月22日

保健所訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、下関市衛生関係事務委任規則(平成17年規則第142号。以下「規則」という。)に基づき、市長が保健所長に委任した事務の決裁等について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 決裁 保健所長がその権限に属する事務に関し意思の決定(以下「決定」という。)を行うことをいう。

(2) 専決 保健所長がその責任においてその権限に属する特定事項の処理に関し所管の職員に決定させることをいう。

(3) 代決 保健所長がその責任において、保健所長又は前号の専決者(以下「専決者」という。)が不在の場合において、その権限に属する事務の処理について所管の職員に決定させることをいう。

(4) 不在 保健所長、専決者又は前号の代決者(以下「代決者」という。)が出張、休暇等の理由により決定できない状態をいう。

(5) 課長 下関市行政組織規則(平成17年規則第2号)第47条の規定により下関市立下関保健所に置かれる課の長をいう。

(決裁区分)

第3条 事務の決裁区分を次のとおり定め、回議書に、その決裁区分に従って該当する標示を表示するものとする。

(1) 保健所長の決裁するもの 保健所長

(2) 課長の専決するもの 丁

(決裁及び専決の手続)

第4条 事務の決裁及び専決は、原則として、回議書により直近上位の職位にある職員から順次直属上司を経て受けなければならない。

(専決事項)

第5条 課長の専決事項は、規則に掲げる事項のうち、次の表に定めるところによる。

課長共通専決事項

届出の受理に関すること。ただし、次に掲げる事項を除く。

(1) 規則第2項第2号に掲げる届出を受けること。

(2) 規則第6項第1号に掲げる事項のうち、クリーニング所を開設しようとする者の届出を受けること。

(3) 規則第19項第8号に掲げる届出を受けること。

(4) 規則第19項第9号に掲げる届出をあらかじめ受けること。

(5) 規則第25項第13号に掲げる業務上取扱者の届出をあらかじめ受けること。

生活衛生課長専決事項

(1) 規則第2項第3号に掲げる事項のうち、確認をしたことを証する書類の再交付を行うこと。

(2) 規則第6項第2号に掲げる事項のうち、確認をしたことを証する書類の再交付を行うこと。

(3) 規則第10項第4号に掲げる事項のうち、飲食店営業自動販売機、喫茶店営業自動販売機、乳類販売業自動販売機、氷雪製造業自動販売機の営業を営もうとする者に対する許可を行うこと及び当該許可に必要な条件を付けること。

(4) 規則第10項第4号に掲げる事項のうち、営業の許可を受けた者が、許可の有効期間満了に際し引き続き同一の営業の許可を受けようとする者に対する許可を行うこと及び当該許可に必要な条件を付けること。

(5) 規則第10項第7号に掲げる事項のうち、山口県魚介類行商取締条例第4条及び第5条の規定において、営業の許可を受けた者が、許可の有効期間満了に際し引き続き営業の許可を受けようとする者に関する事務を行うこと。

(6) 規則第11項第11号に掲げる事項のうち、報告を受けること。

保健医療政策課長専決事項

(1) 規則第19項第2号第11号第14号及び第18号に掲げる許可をすること。

(2) 規則第19項第39号第41号第44号及び第52号オに掲げる事項のうち、許可証の書換え交付及び再交付に関すること。

(3) 規則第25項第17号から第20号までに掲げる登録票の書換え交付及び再交付をすること並びに返納を受けること。

(専決の特例)

第6条 前条の規定による専決事項であっても、重要若しくは異例に属するもの又は規定の解釈上疑義があるものについては、保健所長の決裁を受けなければならない。

(代決の順序)

第7条 保健所長が不在のときは、保健所次長がその事務を代決する。

2 保健所長及び保健所次長がともに不在のときは、主管課長がその事務を代決する。

第8条 課長が不在のときは、直近下位の職位にある主管の職員がその事務を代決する。

2 課長及び前項の代決者がともに不在のときは、前項の代決者の直近下位の職位にある主管の職員(主査以下の職位にある職員を除く。)がその事務を代決する。

3 前2項の規定による代決者がともに不在のときは、保健所次長がその事務を代決する。

(代決の制限)

第9条 前2条の規定は、事務の内容が重要若しくは異例に属するもの又は規定の解釈上疑義があるものについては、適用しない。

(代決後の処置)

第10条 代決者が代決する場合、後閲を要すると認めるものは「要後閲」と明記し、施行後起案者の責任において速やかに後閲を受けなければならない。

附 則

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日保健所訓令第2号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日保健所訓令第3号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年6月12日保健所訓令第4号)

この訓令は、平成26年6月12日から施行する。

附 則(平成28年3月17日保健所訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月1日保健所訓令第1号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月26日保健所訓令第1号)

この訓令は、令和2年3月26日から施行する。

下関市保健所事務決裁規程

平成24年3月22日 保健所訓令第1号

(令和2年3月26日施行)

体系情報
第12編 生/第2章 公衆衛生
沿革情報
平成24年3月22日 保健所訓令第1号
平成25年3月25日 保健所訓令第2号
平成26年3月31日 保健所訓令第3号
平成26年6月12日 保健所訓令第4号
平成28年3月17日 保健所訓令第1号
平成30年3月1日 保健所訓令第1号
令和2年3月26日 保健所訓令第1号