HOME > 観光 > 歴史・文化・自然



歴史・文化・自然

赤間神宮

 
約820年前、日本を支配していた2つの勢力の平家と源氏が、日本の覇権をめぐり最後の戦いをここ関門海峡で繰り広げました。その戦いで敗れた平家の最後の帝・安徳天皇を祭った神宮です。

赤間神宮では当時を偲んだお祭りが行われます。
功山寺 国宝

 

1327年建造の唐様建築の仏殿。わが国最古の禅寺(ぜんでら)様式を残しており、国宝に指定されています。

功山寺は、数々の日本の歴史上の舞台となったところです。日本が近代文化へと歩みだすきっかけを作った人物・高杉晋作が旗揚げをした寺でもあります。桜と紅葉のスポットでもあります。

 
 
長府毛利邸

 
1903年当時、下関を治めていた長府毛利家14代、元敏公によって建てられた邸宅です。明治天皇が宿泊された部屋が残されています。白壁に囲まれた庭園は、四季折々に新緑や紅葉を楽しめる純和風の佇まいです。
長府庭園

 
長府毛利藩の家老、西運長(にしゆきなが)の屋敷跡です。小高い山を背にした約3万平方メートルの敷地には池を中心に書院、茶室、小川があり、四季折々に散策を楽しめる廻遊式日本庭園です。
東行庵

 
下関郊外の吉田にあります。武家社会の終焉を告げた明治維新の立役者、高杉晋作の墓があります。高杉晋作は身分制度にとらわれない武士や農民の混合された民兵組織「奇兵隊」を結成、ここにはその志士たちの墓もあります。また、早春には梅や桜、初夏には菖蒲、秋には紅葉の名所として知られています。