表紙イメージ

平成22年12月号 VOL.34
発行/下関市上下水道局
〒750-8525
下関市春日町7番32号
Tel:083-231-3121
Fax:083-231-3122

特集 工業用水道事業って何?

 下関市の水道は、大きく2つに分けられることを知っていますか? 川やダムなどの水を浄水場できれいにして各家庭にお届けする「上水道」と川やダムの水をそのまま工場にお届けする「工業用水道」です。
 「工業用水」とは、主に工業製品生産等の工業用に使用する水です。そのままでは飲むことが出来ず、事業者などに供給される水で、原料用水、洗浄用水、ボイラー用用水等に使われています。
 今号では、皆さんに下関市の水道についてもっと知って頂きたく、「工業用水道」について紹介していきたいと思います。

工業用水道事業の起こり

 下関市は海と陸の交通の要衝であり、戦前から水産加工工場、製糖工場、重化学工場などが立地していました。工業地帯は、東部の長府地区と西部の大和町・彦島地区に二分されます。
 長府地区には昭和21年から県営の工業用水が供給されていました。しかし、大和町・彦島地区には当時、工業用水を供給する施設がなく、水道水を利用していました。西部地区への工業用水道開設は、当時の下関市にとって重要課題だったのです。
 そして昭和44年4月大和町に、同年10月彦島地区に、待望の工業用水の供給が開始され、45年12月には小月地区にも供給を始めました。
 現在、上下水道局が工業用水を供給している企業の数は、大和町・彦島地区の5社と小月地区の1社、計6社です。

工業用水はどのように使われているの?

 今回、工業用水道事業をご紹介するため、工業用水を供給している企業の1つ、林兼産業(株)さんのハム・ソーセージの生産工場を取材させていただきました。
 生産品はソーセージなどの水産加工品、ハムなどの食肉加工品、さらには健康食品、畜産用飼料など、幅 広く生産しています。

工場内に浄水場!

 林兼産業(株)では、工業用水を 初めに浄水施設で浄水し、飲める水にしています。工場の中に小さな浄水場があるのです!ここで浄水した水を工場内で使っています。上下水道局と同様の水質検査も行われています。そして工場内に入る前には、粘着テープで体についたゴミを落とし、さらにエアシャワー室を通ります。食べ物を作るところですから衛生面はとても厳しく管理されています。
 生産ラインは(1)原料の配合→(2)練り→(3)袋への充填→(4)加熱・殺菌→(5)包装という流れになっています。
 工場で1日に使う水の量はなんと約3、500トン!!製品を作るためにはたくさんの水が必要なんですね。

[写真]

絶え間ざる品質改良

 このように、林兼産業(株)ではさまざまな製品を生産していますが、お客さまのニーズに合わせ、また、常により良いものを目指し品質改良に取り組んでいます。例えば、同じソーセージでも、時とともに少しずつ原料や味が変わってきているそうです。(かつては鯨の肉が原料として使われていた時もあったそうです。)また、西日本と東日本では同じ商品でも味が違うそうです。東日本の方が少し濃い味。機会があれば食べ比べてみるのも面白そうですね。そして中身だけでなくパッケージについても、扱いやすいよう改良がなされています。

暮らしを支える工業用水道

 今回、林兼産業(株)の皆様には大変忙しい中、快く取材に協力していただきました。取材を通じて、時代や状況は変わっても、お客さまに常によりよいものを提供したいとの熱い思いがひしひしと伝わってきました。
 このように工業用水道事業は私たちの暮らしに密接に関わっています。家庭で使う水とはまた違った使われ方で、私たちの生活、産業を支えているのです。


目次へ▲

市長コラム ひとしずく

 今年もいよいよ押し詰まり、街も人々で活気づく季節となりました。今年を振り返ると、様々なことがありましたが、とりわけ7月の未曾有の集中豪雨により、菊川浄水場一帯が冠水し、菊川町で断水をする事態になりましたことは市民の皆様にも記憶に新しいことと思います。水道法の規定により水質検査に24時間を要したために長時間の断水となり、皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び致しますとともに、復旧に際してはご理解とご協力を賜りましたことに、厚くお礼申し上げます。下関市では今後、施設の改善を検討し、災害対策等の充実と危機管理体制の強化を行ってまいります。
 さて一方で、喜ばしいこともありました。下関市は今年6月に民間検査機関を含めて全国で63番目、山口県下では初となる水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)を認定取得いたしました。このことにより、本市が管理された体制のもとで適正に水質検査を実施しており、検査結果の信頼性が確保されていることが認められたことになります。つまり、市民の皆様に安全な水道水を飲んでいただいているということにお墨つきをいただいたということです。水道GLPについては、今号のP8~P9でも詳しく紹介していますのでご覧下さい。
 水は「いのちの水」とも言われ、人間の生命維持に欠かせない重要なものです。下関市の上下水道は、下関市民の生命を守るためにも、「安全」「安定」「安心」の3Aをモットーにさらなるお客さまサービスの向上を目指してまいりますので、今後もご理解とご協力をお願いいたします。

平成22年12月
下関市長 中尾友昭


目次へ▲

特集 平成23年度4月1日から水道料金が変わります

水道料金が変わります

 本市の水道事業は、経営の効率化などにより平成8年以来料金改定をおこなっていませんでしたが、長引く経済の低迷、人口の減少などによる水需要の減少により、今後の水道料金の増収が見込めない中、建設から60年以上を経過する長府浄水場の更新、水道施設や水道管路の耐震化、未普及地域の解消等、先延ばしができない事業を行う必要があり、平成24年度には資金不足が見込まれるという、大変厳しい経営状況にあります。
 そのため、このたび約15年ぶりとなる水道料金の改定を行うこととなりました。この改定により、水道料金が平均して15.08%の値上げとなり、市民のみなさまには大変なご負担をおかけしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
 上下水道局は、今後とも市民のみなさまのライフラインを堅持していくため、より一層の経営努力に取り組んでまいります。

今後取り組む主な事業

改定の内容

 改定した水道料金については、下表のとおりとなります。なお、下水道使用料の変更はありません。
表1料金体系表表2料金比較表

基本水量制を廃止しました

 これまで、口径25mm以下の水道メータを使用のご家庭では、1ヵ月10立方mまでの水道料金が基本料金に含まれていました(これを基本水量制といいます)が、1ヵ月の間全く水道を使用されないご家庭と10立方m使用されるご家庭が同じ料金負担となってしまうという不公平が生じていました。今回の改定ではこのような不公平を解消し、節水の動機づけとなるように、基本水量制を廃止し、使用水量1立方mから従量料金をご負担いただく仕組みに改めました。
 なお、料金の設定に際しては、基本水量を廃止したことによるご負担が過重にならないよう配慮しています。

料金改定日(平成23年4月1日)をまたぐ月の水道料金のご請求方法

 水道の検針は2ヵ月ごとに行い、奇数月に検針する地区と偶数月に検針する地区に分かれています。(該当地区については「お住まいの地区の検針月」を参照)
 このため、検針期間が改定日の4月1日をまたぐ4月検針の地区(A地区)※にお住まいの方の3、4月分と5月検針の地区(B地区)※にお住まいの方の4、5月分の料金については、3月31日までの使用分を旧料金により、4月1日以降の使用分を新料金によりそれぞれ算定し、これらを合計してのご請求となります。
 なお、6月以降の検針時は、すべて新料金で算定します。
※A地区、B地区については、「お住まいの地区の検針月」を参照。

表1: 料金体系表(1ヵ月/税込)

基本料金

メーター口径 13mm  改定前 1,029 改定後 1,092 差額 63
メーター口径 20mm  改定前 1,638 改定後 1,722 差額 84
メーター口径 25mm  改定前 2,016 改定後 2,100 差額 84
メーター口径 40mm  改定前 4,378 改定後 4,662 差額 284
メーター口径 50mm  改定前 8,505 改定後 10,017 差額 1,512
メーター口径 75mm  改定前 18,585  改定後 20,601 差額 2,016
メーター口径 100mm  改定前 35,700 改定後 38,430 差額 2,730
メーター口径 150mm  改定前 94,500 改定後 99,414 差額 4,914
メーター口径 200mm  改定前 187,950 改定後 197,610 差額 9,660
メーター口径 250mm  改定前 327,600 改定後 340,137 差額 12,537

従量料金

一般 1段 使用水量30立方mまで1立方mあたり  改定前 150 改定後 178 差額 28
ただし、口径25mm以下の場合、使用水量10立方mまで1立方メートルあたり  改定前 0 改定後 10  差額 10
一般 2段 使用水量30立方mを超える1立方mあたり  改定前 237 改定後 274 差額 37

湯屋私設消火栓 1段 使用水量30立方mまで1立方mあたり  改定前 52 改定後 60 差額 8
ただし、口径25mm以下の場合、使用水量10立方mまで1立方mあたり  改定前 0 改定後 10 差額 10
湯屋私設消火栓 2段 使用水量30立方mを超える1立方mあたり  改定前 52 改定後 60 差額 8

新料金体系での計算例(口径13mm 使用水量75立方m 2ヵ月)

基本料金…1,092円×2ヵ月=2,184円
使用水量20立方mまで…10円×20立方m=200円
使用水量21〜60立方mまで…178円×40立方m=7,120円
使用水量61立方m以上…274円×15立方m=4,110円
ご請求金額…13,614円

表2: 料金比較表(2ヵ月/税込)

〈口径13mm〉
使用水量(立方m)0 料金(円)2,058 → 2,184
使用水量(立方m)5 料金(円)2,058 → 2,234
使用水量(立方m)10 料金(円)2,058 → 2,284
使用水量(立方m)15 料金(円)2,058 → 2,334
使用水量(立方m)20 料金(円)2,058 → 2,384
使用水量(立方m)25 料金(円)2,808 → 3,274
使用水量(立方m)30 料金(円)3,558 → 4,164
使用水量(立方m)35 料金(円)4,308 → 5,054
使用水量(立方m)40 料金(円)5,058 → 5,944
使用水量(立方m)45 料金(円)5,808 → 6,834
使用水量(立方m)50 料金(円)6,558 → 7,724
使用水量(立方m)55 料金(円)7,308 → 8,614
使用水量(立方m)60 料金(円)8,058 → 9,504
使用水量(立方m)65 料金(円)9,693 → 10,874
使用水量(立方m)70 料金(円)10,428 → 12,244
使用水量(立方m)75 料金(円)11,613 → 13,614
使用水量(立方m)80 料金(円)12,798 → 14,984
使用水量(立方m)85 料金(円)13,983 → 16,354
使用水量(立方m)90 料金(円)15,168 → 17,724
使用水量(立方m)95 料金(円)16,353 → 19,094
使用水量(立方m)100 料金(円)17,538 → 20,464

〈口径20mm〉
使用水量(立方m)0 料金(円)3,276 → 3,444
使用水量(立方m)5 料金(円)3,276 → 3,494
使用水量(立方m)10 料金(円)3,276 → 3,544
使用水量(立方m)15 料金(円)3,276 → 3,594
使用水量(立方m)20 料金(円)3,276 → 3,644
使用水量(立方m)25 料金(円)4,026 → 4,534
使用水量(立方m)30 料金(円)4,776 → 5,424
使用水量(立方m)35 料金(円)5,526 → 6,314
使用水量(立方m)40 料金(円)6,276 → 7,204
使用水量(立方m)45 料金(円)7,026 → 8,094
使用水量(立方m)50 料金(円)7,776 → 8,984
使用水量(立方m)55 料金(円)8,526 → 9,874
使用水量(立方m)60 料金(円)9,276 → 10,764
使用水量(立方m)65 料金(円)10,461 → 12,134
使用水量(立方m)70 料金(円)11,646 → 13,504
使用水量(立方m)75 料金(円)12,831 → 14,874
使用水量(立方m)80 料金(円)14,016 → 16,244
使用水量(立方m)85 料金(円)15,201 → 17,614
使用水量(立方m)90 料金(円)16,386 → 18,984
使用水量(立方m)95 料金(円)17,571 → 20,354
使用水量(立方m)100 料金(円)18,756 → 21,724

お住まいの地区の検針月

●4月検針(A地区)
本局地区
赤間町、阿弥陀寺町、あるかぽーと、生野町、石神町、後田町、卸新町、上田中町、唐戸町、観音崎町、貴船町、幸町、新椋野、大学町、宝町、田中町、壇之浦町、中之町、南部町、幡生町、幡生宮の下町、羽山町、藤ヶ谷、藤ヶ谷町、本町、三河町、みもすそ川町、宮田町、椋野町、椋野上町、名池町、山の口町、山の田町
彦島地区
江の浦町、桜ヶ丘町、塩浜町、杉田町、角倉町、田の首町、弟子待町、弟子待東町、福浦町、向井町、山中町
長府地区
印内町、江下町、扇町、古城町、才川 四王司町、新四王司町、千鳥ヶ丘町、豊浦町、中土居本町、中土居北町、中六波町、日の出町、豊城町、前田町、前八幡町、松小田北町、松小田中町 松小田西町、松小田東町、松小田本町、松小田南町、満珠新町、満珠町、港町、八幡町、ゆめタウン
清末地区全域
小月地区
駅前1丁目、公園町、杉迫町、茶屋、本町
川中地区
垢田、綾羅木、綾羅木新町、綾羅木本町、綾羅木南町、伊倉町、伊倉新町、伊倉本町、川中本町、川中豊町、熊野町、熊野西町、新垢田北町、新垢田西町、新垢田東町、新垢田南町、長州出島、 稗田町、稗田北町、稗田中町、稗田西町、 稗田南町、古屋町
安岡地区
梶栗町、蒲生野、富任町、安岡町1~2丁目、安岡駅前
勝山地区
勝谷新町
菊川町全域
豊田町全域
●5月検針(B地区)
本局地区
伊崎町、今浦町、入江町、上条町、大坪本町、春日町、上新地町、関西町、関西本町、神田町、向洋町、金比羅町、栄町、桜山町、笹山町、汐入町、新地町、新地西町、筋川町、筋ヶ浜町、大平町、竹崎町、武久町、武久西原台、中央町、長崎本町、長崎新町、長崎中央町、長崎町1丁目、長門町、西入江町、西大坪町、西神田町、岬之町、東神田町、東向山町、東大和町、豊前田町、藤附町、細江町、細江新町、丸山町、南大坪町、向山町、元町、山手町、大和町
彦島地区
海士郷町、老町、老の山公園、迫町、竹ノ子島町、西山町、本村町、緑町、六連島
長府地区
安養寺、逢坂町、亀の甲、金屋町、金屋浜町、川端、黒門町、黒門東町、黒門南町、紺屋町、侍町、新松原町、惣社町、外浦町、高畑、高場町、珠の浦町、土居の内町、中尾町、中之町、中浜町、野久留米町、羽衣町、羽衣南町、浜浦町、浜浦西町、浜浦南町、東侍町、古江小路町、松原町、三島町、南之町、宮崎町、宮の内町、向田町
王司地区全域
小月地区
小月町、小月市原町、小月幸町、小月宮の町、小月京泊町、小月西の台、小月小島、小月南町、小月高雄町
王喜地区全域
吉田地区全域
川中地区
有富、石原、伊倉、伊倉東町、延行
安岡地区
福江、安岡、安岡町3~8丁目、安岡本町、横野、横野町
吉見地区全域
勝山地区
秋根上町、秋根北町、秋根新町、秋根東町、秋根西町、秋根本町、秋根南町、一の宮町、一の宮卸本町、一の宮学園町、一の宮住吉、一の宮本町、一の宮東町、井田、小野、形山、形山町、形山みどり町、楠乃、勝谷、田倉、田倉御殿町、前勝谷町、東勝谷
内日地区全域
豊浦町全域
豊北町全域

目次へ▲

特集 下水道管がやってくる!!でも、浄化槽があるんだけど…

あら?回覧板がポストに。なになに?「下水道の工事が始まります。ご迷惑をおかけします。上下水道局より」だって?ふーん、このあたりにも下水道がくるってことかぁ。

その後、夜・・・・

まったく、今日も
帰りおそいわねえ~。

ただいま~。

あら、おかえりなさい。ねえねえ、回覧板にね、この辺にも下水道が来るって書いてあったわよ。でもうちは浄化槽があるから関係ないわよね?

いや、浄化槽があるからって、関係ないって訳でもないんだ。(本棚の六法をめくりながら・・・)下水道法という法律に「公共下水道の供用が開始された場合においては、所有者、使用者又は占有者はその土地の下水を公共下水道に流入させるために必要な排水設備を設置しなければならない。(一部省略。)」となっているんだ。
つまり、うちみたいに浄化槽が設置してあっても、住んでいる地域が下水道を使えるようになったら下水道管に接続する工事をしなくてはならないことに法律で決められているんだ。

ええ?でもそれって、お金がかかるってことじゃない!それに今のままでも不自由はないし、浄化槽でも汚れた水は十分きれいになるんでしょ?

いや、そうでもないんだ。浄化槽には大きく分けて、合併浄化槽(※1)と単独浄化槽(※2)の2種類があるんだ。合併浄化槽はトイレの汚水はもちろんのこと、洗濯やお風呂の生活雑排水もきれいにすることができるんだけど、単独浄化槽はトイレの汚水しか処理ができなくて、生活雑排水は側溝や川にそのまま垂れ流しになってしまっているんだ(※3)。それによって側溝が汚れたり、悪臭を発したりして生活環境の悪化につながっているところもあるし、川や海を汚すことにもなってしまうよね。

へえ~、単独浄化槽ってトイレの汚水だけをきれいにするものなのね。で、うちはどっちなの?もちろん合併浄化槽よね?

残念ながら、うちの家は単独浄化槽なんだよ・・・。

ええ!うちも台所やお風呂の水をそのまま側溝に流してたの?でもよかったことがあるわ。川や海を汚さないようにお皿についた油はきちんとふき取ってたし、排水口のクズとり網はこまめに取るようにしてたから・・・。でもどうして生活雑排水を垂れ流すような単独浄化槽が誕生したの?

お皿の油のふき取りや、排水口のクズとりなどは下水道の工事をしても必要なことだね。そうそう、単独浄化槽が誕生した理由は、日本の経済発展と生活スタイルの変化が影響しているんだ。高度成長期とともに生活の欧米化が進んで、くみとりトイレから水洗トイレへのニーズが急激に高まったんだ。でも、下水道は東京など都市部ならともかく、地方都市ではまだまだ未整備のところばかりだったんだ。そこで単独浄化槽を設置することでくみとり式から臭いのしない水洗トイレへの転換が進んだんだ。そういう背景から単独浄化槽は昭和40年代から50年代にかけてすごい勢いで広まっていったそうだよ。

へえ~、そういう時代背景があったんだ。私たちが子供のころはトイレはまだくみとり式で、水洗トイレ、それも洋式便器に変わったときはとてもうれしかった記憶があるけど、それには単独浄化槽の存在がとても重要だったのね。でも、生活雑排水がそのまま垂れ流しというのはいけないわ。お父さん、早くうちも合併浄化槽にしないと!

まあまあ落ち着いて。下水道が使えるところでは特別な事情がある場合を除いて合併浄化槽は設置できないんだ。回覧板にも書いてあったとおり、このあたりにも下水道がくるらしいから、これを機会に下水道につなげる工事をしようよ。

そうね。お金がかかるからという理由でこのままにしておくのはよくないわよね。自分の家で出した汚水は処理のこともちゃんと考えないと。将来子供たちが大人になったとき、川や海が汚れていたら困るもんね。ここは思い切ってお父さんのへそくりで工事しましょう!

ギャフン!

 平成22年度環境省廃棄物・リサイクル対策部「浄化槽について」によると、平成20年度現在、全国に合併浄化槽の設置基数は約290万基、単独浄化槽は約545万基設置されています。(公共下水道全体計画区域外に設置されている合併・単独浄化槽も含む。)

(※1)合併浄化槽とは
合併浄化槽は生活雑排水も処理できる浄化槽です。定期的な保守点検、清掃、法定検査等が必要です。公共下水道が使用できるようになった時は、合併浄化槽設置のときに布設した排水管や汚水枡などの管種、宅内雨水専用管の既設など下水道排水設備と類する点が多いので、下水道に切り替えやすいメリットがあります。
(※2)単独浄化槽とは
トイレの汚水だけを処理する浄化槽で、生活雑排水は未処理のまま放流されてしまいます。定期的な保守点検、清掃、法定検査等が必要です。
また単独浄化槽は平成13年4月1日以降の新設が禁止されています。
(※3)生活排水の一人一日あたりの汚濁物質量(「BOD」といいます。)は40gと言われています。
単独浄化槽(定期的な保守点検、清掃、法定検査等を受けたもの)処理の場合、トイレの汚れが13gから5gに減ります。しかし、生活雑排水の汚れはそのままなので27g、合わせると32gにもなってしまいます。一人一日40gの汚濁物質量が32gにしか減らず、川や海に流れている現状です。

注:浄化槽は管理を定期的にしないと槽の能力はずいぶん違ってきますので、すべての単独浄化槽に当てはまることではありません。


目次へ▲

職場紹介 水質管理センター

 近年、ペットボトル水の売上げが増加していることや浄水器の普及が進んでいることは、人々の「水」又は「水質」に対する関心の高さを表しているあかしではないでしょうか。生活のために単に水を飲んだり使ったりするのではなく、よりおいしく、より安全な水が求められています。
 このような中、上下水道局では、常日ごろから事業方針である3A(安全、安定、安心)をモットーにお客さまへの給水サービスの提供に努めているところですが、この度、山口県内で初めて水道GLPの認定を取得するとともに、新たに「水質管理センター」を設置しました。

安全で、ご安心いただける水を !!

 水質管理センターでは、お客さまに安全な水を安心してご利用いただけるよう、水質を検査し、管理しています。
 本市では、平成17年2月の1市4町合併後、水質検査の自己検査体制を強化し、平成19年度からは、市内全域の水質検査をすべて水質管理センター(旧浄水課水質係)で行っています。
 水道水の安全を保つには、家庭のじゃ口から出てくる水の検査だけでなく、水道水の原料となる水源の水、水源から浄水場に届いたばかりの水、浄水処理の各工程の水など様々なところで水質を検査し管理することが必要です。
 水質管理センターでは、水道水を作る工程でのいろいろな場面で水質検査を行い、そして水質モニターの皆さまにもご協力いただきながら、下関市の水の安全に目を光らせています。

水質検査の流れ

採水

市内各地の給水栓、水源、浄水場の水を採取します。

検査

微量でも測ることができる水質検査機器は、とても精密な機械なのでメンテナンスも大変です。

公表

検査結果をまとめ上下水道局のホームページで公開しています。

http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/water/index

センター長に聞く!

Q 水道GLPってなんですか?

A 社団法人日本水道協会が認定する水道水質検査優良試験所規範のことです。上下水道局では、平成22年6月29日に認定取得しました。
 市民の皆さまが直接口にする水道水は絶対に安全である必要があります。水質検査はその安全性を保証するわけですので、正確で精度が高く、信頼性のあるものでなければなりません。
 上下水道局の水質管理センターが水道GLPを取得したということは、市民の皆さまに信頼性の高い検査結果を提供できる検査機関であるかどうかを、社団法人日本水道協会に審査していただいた結果、水質検査の体制や技術がしっかり管理されており、水質検査結果に十分な信頼性が確保されていること、言いかえれば市民の皆さまに信用していただける検査機関であることが公(おおやけ)に認められたということです。

Q 水道GLPを取得してどう変わりましたか?

A これまでどおり、厳しく確実な水質検査を行うことに変わりはありません。
 これからも、信頼性の高い水質検査を常に行うことができるよう、検査技術の一層の向上に努めてまいります。

Q 今後の意気込みをお願いします。

A 水道GLPを取得することで、より安心できる水の供給に寄与できることは、私たち職員の喜びであり願いでもあります。「下関市の水道水は絶対安全」と言われるよう、水質管理体制を強化し、これからもずっと安全で良質な水道水をお届けしていきます!!

ひとくちメモ 残留塩素

 塩素による消毒は、同時に塩素臭と呼ばれる独特なにおいを水につけてしまうため、水のおいしさを失わせることがあります。しかしそのにおいは、安全な水のあかしでもあります。
 水道水に残っている塩素を残留塩素といいます。残留塩素のおかげで、水道水が細菌などに汚染されずに済むため、私たちは、安心して飲んだり、食器を洗ったり、傷口を洗ったり、お風呂に入ったりすることができるのです。
 塩素のにおいが気になる方は、湯ざましにしたり、レモンをしぼって入れたりするとにおいが弱まりますのでお試しになってはいかがでしょう。


目次へ▲

水の四字熟語

杯水車薪(はいすいしゃしん)

社会福祉法人 中部少年学院
理事長 石川啓

 性善説で有名な孟子は、仁は人間が本来持っている心であり、仁を離れては人間の拠るべき処はないと訓えます。その孟子の告子篇に次のような章句があります。 
 「仁の不仁に勝つは、猶(なお)水の火に勝つがごとし。今の仁を為(な)す者(ひと)は、猶一杯の水を以て、一車薪(しゃしん)の火を救(すく)うがごとし。熄(き)えざれば則ちこれを水は火に勝たずと謂(い)う。此れ又不仁に与(くみ)するの甚だしき者なり。亦終(つい)に必ず亡(うしな)わんのみ。」
 一杯の水は盃一杯の水のことで、これを少しばかりの仁に譬(たと)え、一車薪は車一台に山と積んだ薪のことで、大きな不仁に譬えています。僅かばかりの仁を施しただけで、仁は不仁に勝てないと即断することは、不仁に味方することで、しまいには、その僅かな仁までも亡くしてしまうに違いないと訓(おし)えます。
 杯水車薪はこの孟子の章句に由来します。「一杯の水を以て一車薪の火は救い難し」の略で、盃一杯の水では車一台に積んだ薪の火を消すことはできません。あまりにも微力で事を処するには役には立たないということや、僅かな努力では十分な効果は得られないということの譬えとして用いられています。

出典:
孟子(下) 小林勝人訳注 岩波文庫
参考:
漢文名言辞典 鎌田・米山著 大修館書店
四字熟語成句辞典 講談社
四字熟語辞典 岩波書店
新明解四字熟語辞典 三省堂

目次へ▲

知って納得!!水質検査結果

 市民の皆様に安心して水道水を飲んでいただくために、上下水道局では、水源から蛇口までの徹底した水質検査を行っています。
 水道水の安全は、見た目や味だけでは判断できません。「安全」を確かめるために設けられている「水質基準」と呼ばれる項目すべてに適合していることを確認しなければなりません。
 下関市の水道水は、下表の「水質基準項目」において、すべての地区で、水質基準に適合していますので安心してご利用ください。
 今後も、安心して飲める水を市民の皆様にお届けするため、また安全な水を守るために厳しい水質検査を行って参ります。

●吉田地方給水栓(長府浄水場系)
採水年月:平成22年4月
病原生物の指標
一般細菌について1mLの検水で形成される集落数が100以下のところ0
大腸菌について検出されないのところ検出せず
無機物質・重金属
カドミウム及びその化合物についてカドミウムの量に関して、0.003mg/L以下のところ0.0003未満
水銀及びその化合物について水銀の量に関して、0.0005mg/L以下のところ0.00005未満
セレン及びその化合物についてセレンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
鉛及びその化合物について鉛の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
ヒ素及びその化合物についてヒ素の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
六価クロム化合物について六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
シアン化物イオン及び塩化シアンについてシアンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素について10mg/L以下のところ0.51   
フッ素及びその化合物についてフッ素の量に関して、0.8mg/L以下のところ0.08未満
ホウ素及びその化合物についてホウ素の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
一般有機化学物質
四塩化炭素について0.002mg/L以下のところ0.0002未満
1,4-ジオキサンについて0.05mg/L以下のところ0.005未満
シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンについて0.04mg/L以下のところ0.004未満
ジクロロメタンについて0.02mg/L以下のところ0.002未満
テトラクロロエチレンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
トリクロロエチレンについて0.03mg/L以下のところ0.003未満
ベンゼンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
消毒副生成物
塩素酸について0.6mg/L以下のところ0.06未満
クロロ酢酸について0.02mg/L以下のところ0.002未満
クロロホルムについて0.06mg/L以下のところ0.0072  
ジクロロ酢酸について0.04mg/L以下のところ0.006  
ジブロモクロロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0032  
臭素酸について0.01mg/L以下のところ0.001未満
総トリハロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0160  
トリクロロ酢酸について0.2mg/L以下のところ0.02未満
ブロモジクロロメタンについて0.03mg/L以下のところ0.0053  
ブロモホルムについて0.09mg/L以下のところ0.0003  
ホルムアルデヒドについて0.08mg/L以下のところ0.008未満
色・味
亜鉛及びその化合物について亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
アルミニウム及びその化合物についてアルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下のところ0.016   
鉄及びその化合物について鉄の量に関して、0.3mg/L以下のところ0.03未満
銅及びその化合物について銅の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
ナトリウム及びその化合物についてナトリウムの量に関して、200mg/L以下のところ8.0  
マンガン及びその化合物についてマンガンの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
塩化物イオンについて200mg/L以下のところ14  
カルシウム、マグネシウム等(硬度)について300mg/L以下のところ31  
蒸発残留物について500mg/L以下のところ68  
発泡
陰イオン界面活性剤について0.2mg/L以下のところ0.02未満
臭気
ジェオスミン ※1について0.00001mg/L以下のところ0.000001  
2-メチルイソボルネオール※2について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
発泡
非イオン界面活性剤について0.02mg/L以下のところ0.004未満
臭気
フェノール類についてフェノールの量に換算して、0.005mg/L以下のところ0.0005未満
基礎的性状
有機物(全有機炭素(TOC)の量)について3mg/L以下のところ0.5  
pH値について5.8以上8.6以下のところ8.01  
味について異常でないのところ異常なし
臭気について異常でないのところ異常なし
色度について5度以下のところ0.5未満
濁度について2度以下のところ0.1未満
残留塩素について0.1mg/L以上のところ0.8

●湯玉北給水栓(川棚浄水場系)
採水年月:平成22年5月
病原生物の指標
一般細菌について1mLの検水で形成される集落数が100以下のところ0
大腸菌について検出されないのところ検出せず
無機物質・重金属
カドミウム及びその化合物についてカドミウムの量に関して、0.003mg/L以下のところ0.0003未満
水銀及びその化合物について水銀の量に関して、0.0005mg/L以下のところ0.00005未満
セレン及びその化合物についてセレンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
鉛及びその化合物について鉛の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
ヒ素及びその化合物についてヒ素の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
六価クロム化合物について六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
シアン化物イオン及び塩化シアンについてシアンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素について10mg/L以下のところ0.63   
フッ素及びその化合物についてフッ素の量に関して、0.8mg/L以下のところ0.12  
ホウ素及びその化合物についてホウ素の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
一般有機化学物質
四塩化炭素について0.002mg/L以下のところ0.0002未満
1,4-ジオキサンについて0.05mg/L以下のところ0.005未満
シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンについて0.04mg/L以下のところ0.004未満
ジクロロメタンについて0.02mg/L以下のところ0.002未満
テトラクロロエチレンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
トリクロロエチレンについて0.03mg/L以下のところ0.003未満
ベンゼンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
消毒副生成物
塩素酸について0.6mg/L以下のところ0.07   
クロロ酢酸について0.02mg/L以下のところ0.002未満
クロロホルムについて0.06mg/L以下のところ0.0051  
ジクロロ酢酸について0.04mg/L以下のところ0.004  
ジブロモクロロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0091  
臭素酸について0.01mg/L以下のところ0.002  
総トリハロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0256  
トリクロロ酢酸について0.2mg/L以下のところ0.02未満
ブロモジクロロメタンについて0.03mg/L以下のところ0.0081  
ブロモホルムについて0.09mg/L以下のところ0.0033  
ホルムアルデヒドについて0.08mg/L以下のところ0.008未満
色・味
亜鉛及びその化合物について亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
アルミニウム及びその化合物についてアルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下のところ0.050  
鉄及びその化合物について鉄の量に関して、0.3mg/L以下のところ0.03未満
銅及びその化合物について銅の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
ナトリウム及びその化合物についてナトリウムの量に関して、200mg/L以下のところ18  
マンガン及びその化合物についてマンガンの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
塩化物イオンについて200mg/L以下のところ25  
カルシウム、マグネシウム等(硬度)について300mg/L以下のところ52  
蒸発残留物について500mg/L以下のところ120  
発泡
陰イオン界面活性剤について0.2mg/L以下のところ0.02未満
臭気
ジェオスミン ※1について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
2-メチルイソボルネオール※2について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
発泡
非イオン界面活性剤について0.02mg/L以下のところ0.004未満
臭気
フェノール類についてフェノールの量に換算して、0.005mg/L以下のところ0.0005未満
基礎的性状
有機物(全有機炭素(TOC)の量)について3mg/L以下のところ0.5
pH値について5.8以上8.6以下のところ7.31
味について異常でないのところ異常なし
臭気について異常でないのところ異常なし
色度について5度以下のところ0.5
濁度について2度以下のところ0.1未満
残留塩素について0.1mg/L以上のところ0.8

●二見給水栓(市の瀬水源系)
採水年月:平成22年6月
病原生物の指標
一般細菌について1mLの検水で形成される集落数が100以下のところ0
大腸菌について検出されないのところ検出せず
無機物質・重金属
カドミウム及びその化合物についてカドミウムの量に関して、0.003mg/L以下のところ0.0003未満
水銀及びその化合物について水銀の量に関して、0.0005mg/L以下のところ0.00005未満
セレン及びその化合物についてセレンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
鉛及びその化合物について鉛の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
ヒ素及びその化合物についてヒ素の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
六価クロム化合物について六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
シアン化物イオン及び塩化シアンについてシアンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素について10mg/L以下のところ0.45   
フッ素及びその化合物についてフッ素の量に関して、0.8mg/L以下のところ0.08未満
ホウ素及びその化合物についてホウ素の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
一般有機化学物質
四塩化炭素について0.002mg/L以下のところ0.0002未満
1,4-ジオキサンについて0.05mg/L以下のところ0.005未満
シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンについて0.04mg/L以下のところ0.004未満
ジクロロメタンについて0.02mg/L以下のところ0.002未満
テトラクロロエチレンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
トリクロロエチレンについて0.03mg/L以下のところ0.003未満
ベンゼンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
消毒副生成物
塩素酸について0.6mg/L以下のところ0.07   
クロロ酢酸について0.02mg/L以下のところ0.002未満
クロロホルムについて0.06mg/L以下のところ0.0006  
ジクロロ酢酸について0.04mg/L以下のところ0.004未満
ジブロモクロロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0031  
臭素酸について0.01mg/L以下のところ0.001未満
総トリハロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0068  
トリクロロ酢酸について0.2mg/L以下のところ0.02未満
ブロモジクロロメタンについて0.03mg/L以下のところ0.0018  
ブロモホルムについて0.09mg/L以下のところ0.0013  
ホルムアルデヒドについて0.08mg/L以下のところ0.008未満
色・味
亜鉛及びその化合物について亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
アルミニウム及びその化合物についてアルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下のところ0.01未満
鉄及びその化合物について鉄の量に関して、0.3mg/L以下のところ0.03未満
銅及びその化合物について銅の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
ナトリウム及びその化合物についてナトリウムの量に関して、200mg/L以下のところ9.7  
マンガン及びその化合物についてマンガンの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
塩化物イオンについて200mg/L以下のところ13  
カルシウム、マグネシウム等(硬度)について300mg/L以下のところ47  
蒸発残留物について500mg/L以下のところ92  
発泡
陰イオン界面活性剤について0.2mg/L以下のところ0.02未満
臭気
ジェオスミン ※1について0.00001mg/L以下のところ—
2-メチルイソボルネオール※2について0.00001mg/L以下のところ—
発泡
非イオン界面活性剤について0.02mg/L以下のところ0.004未満
臭気
フェノール類についてフェノールの量に換算して、0.005mg/L以下のところ0.0005未満
基礎的性状
有機物(全有機炭素(TOC)の量)について3mg/L以下のところ0.3未満
pH値について5.8以上8.6以下のところ7.38  
味について異常でないのところ異常なし
臭気について異常でないのところ異常なし
色度について5度以下のところ0.5未満
濁度について2度以下のところ0.1未満
残留塩素について0.1mg/L以上のところ0.8  

●岡枝給水栓(菊川浄水場系)
採水年月:平成22年6月
病原生物の指標
一般細菌について1mLの検水で形成される集落数が100以下のところ0
大腸菌について検出されないのところ検出せず
無機物質・重金属
カドミウム及びその化合物についてカドミウムの量に関して、0.003mg/L以下のところ0.0003未満
水銀及びその化合物について水銀の量に関して、0.0005mg/L以下のところ0.00005未満
セレン及びその化合物についてセレンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
鉛及びその化合物について鉛の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
ヒ素及びその化合物についてヒ素の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.0022  
六価クロム化合物について六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
シアン化物イオン及び塩化シアンについてシアンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素について10mg/L以下のところ0.26   
フッ素及びその化合物についてフッ素の量に関して、0.8mg/L以下のところ0.13  
ホウ素及びその化合物についてホウ素の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
一般有機化学物質
四塩化炭素について0.002mg/L以下のところ0.0002未満
1,4-ジオキサンについて0.05mg/L以下のところ0.005未満
シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンについて0.04mg/L以下のところ0.004未満
ジクロロメタンについて0.02mg/L以下のところ0.002未満
について0.01mg/L以下のところ0.001未満
トリクロロエチレンについて0.03mg/L以下のところ0.003未満
ベンゼンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
消毒副生成物
塩素酸について0.6mg/L以下のところ0.08   
クロロ酢酸について0.02mg/L以下のところ0.002未満
クロロホルムについて0.06mg/L以下のところ0.012  
ジクロロ酢酸について0.04mg/L以下のところ0.008  
ジブロモクロロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0037  
臭素酸について0.01mg/L以下のところ0.001未満
総トリハロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0245  
トリクロロ酢酸について0.2mg/L以下のところ0.02未満
ブロモジクロロメタンについて0.03mg/L以下のところ0.0086  
ブロモホルムについて0.09mg/L以下のところ0.0002  
ホルムアルデヒドについて0.08mg/L以下のところ0.008未満
色・味
亜鉛及びその化合物について亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
アルミニウム及びその化合物についてアルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下のところ0.01未満
鉄及びその化合物について鉄の量に関して、0.3mg/L以下のところ0.03未満
銅及びその化合物について銅の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
ナトリウム及びその化合物についてナトリウムの量に関して、200mg/L以下のところ9.0  
マンガン及びその化合物についてマンガンの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
塩化物イオンについて200mg/L以下のところ11
カルシウム、マグネシウム等(硬度)について300mg/L以下のところ34
蒸発残留物について500mg/L以下のところ72
発泡
陰イオン界面活性剤について0.2mg/L以下のところ0.02未満
臭気
ジェオスミン ※1について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
2-メチルイソボルネオール※2について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
発泡
非イオン界面活性剤について0.02mg/L以下のところ0.004未満
臭気
フェノール類についてフェノールの量に換算して、0.005mg/L以下のところ0.0005未満
基礎的性状
有機物(全有機炭素(TOC)の量)について3mg/L以下のところ0.9
pH値について5.8以上8.6以下のところ7.34
味について異常でないのところ異常なし
臭気について異常でないのところ異常なし
色度について5度以下のところ0.9
濁度について2度以下のところ0.1未満
残留塩素について0.1mg/L以上のところ0.2

●殿居給水栓(楢原浄水場系)
採水年月:平成22年5月
病原生物の指標
一般細菌について1mLの検水で形成される集落数が100以下のところ0
大腸菌について検出されないのところ検出せず
無機物質・重金属
カドミウム及びその化合物についてカドミウムの量に関して、0.003mg/L以下のところ0.0003未満
水銀及びその化合物について水銀の量に関して、0.0005mg/L以下のところ0.00005未満
セレン及びその化合物についてセレンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
鉛及びその化合物について鉛の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
ヒ素及びその化合物についてヒ素の量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
六価クロム化合物について六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
シアン化物イオン及び塩化シアンについてシアンの量に関して、0.01mg/L以下のところ0.001未満
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素について10mg/L以下のところ0.45   
フッ素及びその化合物についてフッ素の量に関して、0.8mg/L以下のところ0.08未満
ホウ素及びその化合物についてホウ素の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
一般有機化学物質
四塩化炭素について0.002mg/L以下のところ0.0002未満
1,4-ジオキサンについて0.05mg/L以下のところ0.005未満
シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンについて0.04mg/L以下のところ0.004未満
ジクロロメタンについて0.02mg/L以下のところ0.002未満
テトラクロロエチレンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
トリクロロエチレンについて0.03mg/L以下のところ0.003未満
ベンゼンについて0.01mg/L以下のところ0.001未満
消毒副生成物
塩素酸について0.6mg/L以下のところ0.06未満
クロロ酢酸について0.02mg/L以下のところ0.002未満
クロロホルムについて0.06mg/L以下のところ0.014  
ジクロロ酢酸について0.04mg/L以下のところ0.007  
ジブロモクロロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0034  
臭素酸について0.01mg/L以下のところ0.001未満
総トリハロメタンについて0.1mg/L以下のところ0.0270  
トリクロロ酢酸について0.2mg/L以下のところ0.02未満
ブロモジクロロメタンについて0.03mg/L以下のところ0.0094  
ブロモホルムについて0.09mg/L以下のところ0.0002  
ホルムアルデヒドについて0.08mg/L以下のところ0.008未満
色・味
亜鉛及びその化合物について亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
アルミニウム及びその化合物についてアルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下のところ0.01未満
鉄及びその化合物について鉄の量に関して、0.3mg/L以下のところ0.03未満
銅及びその化合物について銅の量に関して、1.0mg/L以下のところ0.10未満
ナトリウム及びその化合物についてナトリウムの量に関して、200mg/L以下のところ7.7  
マンガン及びその化合物についてマンガンの量に関して、0.05mg/L以下のところ0.005未満
塩化物イオンについて200mg/L以下のところ9.9  
カルシウム、マグネシウム等(硬度)について300mg/L以下のところ27  
蒸発残留物について500mg/L以下のところ69  
発泡
陰イオン界面活性剤について0.2mg/L以下のところ0.02未満
臭気
ジェオスミン ※1について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
2-メチルイソボルネオール※2について0.00001mg/L以下のところ0.000001未満
発泡
非イオン界面活性剤について0.02mg/L以下のところ0.004未満
臭気
フェノール類についてフェノールの量に換算して、0.005mg/L以下のところ0.0005未満
基礎的性状
有機物(全有機炭素(TOC)の量)について3mg/L以下のところ0.6  
pH値について5.8以上8.6以下のところ7.44  
味について異常でないのところ異常なし
臭気について異常でないのところ異常なし
色度について5度以下のところ0.5  
濁度について2度以下のところ0.1未満
残留塩素について0.1mg/L以上のところ0.7  

    備考

  1. すべての採水地点において、上記検査項目について水質基準に適合しています
  2. 水質検査は、下関市上下水道局で実施したものです。
  3. ※1の正式名 : (4S,4aS,8aR)−オクタヒドロ−4,8a−ジメチルナフタレン−4a(2H)−オール
  4. ※2の正式名 : 1,2,7,7−テトラメチルビシクロ[2,2,1]ヘプタン−2−オール

「水質基準」って?

  水道水の安全を確かめる「水質基準」は、大きく分けて健康への安全性に関する項目と生活利用に関連する項目の2つに分けられます。  健康への安全性に関する項目(30項目)……生涯にわたって毎日水道水を摂取しても、健康に影響を生じない量を基に、安全性を加味して基準が定められている項目です。
 生活利用に関連する項目(20項目)……においや色など水道水を利用する際に支障が起きないよう、また水道管の腐食など水道施設の管理に影響するおそれがないように定められている項目です。
 これらすべての項目に適合していることを検査によって確認し、「安全で安心できる水」をお届けしています。
※水質基準は、水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)により、定められています。

朝一番の水は飲み水以外のご使用をお勧めします。

 上下水道局では、水質基準に適合した安全な水道水をお届けしています。
 しかし、朝一番やしばらく水道を使わなかった時は、消毒のための残留塩素が薄れてしまったり、ご家庭の水道管に鉛管が使われている場合には、ごくわずかですが鉛が溶け出したりすることがあります。
 念のため、使い始めの水はバケツ一杯程度を洗濯や掃除など、飲み水以外にお使いいただくことをお勧めします。

 掲載している地域以外の水質検査結果についても、上下水道局のホームページに掲載しています。

http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/water/


目次へ▲

水公園めぐり 豊田湖畔公園

今号から、下関市とその周辺にある水と関わりの深い公園を「水公園めぐり」と題して、新しくシリーズでお届けします。新シリーズ第1弾では、ファミリーからアウトドアファンまで幅広い層に人気の豊田町にある豊田湖畔公園をご紹介します!

 下関市の主要水源である木屋川ダムは、昭和30(1955)年3月に完成しました。木屋川ダムの建設によって人為的に出来上がったダム湖が豊田湖です。
 豊田湖は昭和37(1962)年に山口県の自然公園(山口県立自然公園の一部)に指定され、平成7(1995)年に豊田湖畔公園がオープンしました。
 豊田湖畔公園は水と緑に囲まれた行楽地として、ビジターセンターを中心に、オートキャンプ場、ケビン(宿泊できる小屋)、アスレチックなどが整備されています。ボートに乗っての湖面めぐりや釣り、森林浴や野鳥観察など家族みんなで楽しむことができます。
 夏は木屋川のホタル乱舞にキャンプ、冬はワカサギ釣りなど、四季を通じて自然を満喫できる癒しの公園です。みなさんも、ご家族やお友達と豊田湖の四季を楽しんではいかがでしょうか?

【問い合わせ先】豊田湖畔公園(Tel.083・766・3488)

[写真]

山口国体のボート競技の会場です!

第66回国民体育大会が、平成23年10月1日(土)~11日(火)の11日間山口県内で開催されます。豊田湖ボートコースはボート競技の会場となっています。

●ボート競技の日程  
平成23年10月2日(日)~5日(水)[4日間]  
※リハーサル大会として、中国高等学校ボート選手権大会が平成23年6月3日(金)~5日(日)の3日間行われます。


目次へ▲

下関市の上下水道の出来事 2010

水道週間行事を開催

 6月1日~7日の水道週間にちなんで、長府浄水場見学(6月5日と6日)と、ポスター・絵画・習字コンクール入賞作品展(5月29日~6月4日)を行いました。
 水道週間とは、国民の水道に対する理解と関心を深めるために、厚生労働省が毎年設けている週間です。
 コンクールには小中学生から563点ものご応募をいただき、その内佳作までの入賞作品48点をシーモールで展示いたしました。応募してくださいました皆さん、ありがとうございました。

7月14日と15日の豪雨で断水発生

 7月14日と15日の断続的な豪雨により、木屋川に隣接する菊川浄水場一帯が冠水しました。木屋川からあふれ出した濁水は菊川浄水場内にも流れ込み、浄水場の機能が停止し、菊川町中心部2,053戸が一時断水となりました。
 上下水道局では災害対策本部を設置し、応急給水を行うとともに、一刻も早い水道水供給のため、浄水場の応急復旧作業や水質検査を夜を徹して行い、17日午前5時に復旧することができました。
 長期間の断水により大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びするとともに災害に強いライフライン作りに努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

山陽小野田市へ応援給水

 7月の豪雨により山陽小野田市では鴨圧(かものしょう)浄水場が冠水し、厚狭地区の約9,000世帯が一時断水し、県内から11の水道事業体と、自衛隊による応援給水が行われました。上下水道局は菊川町の断水復旧後、直ちに山陽小野田市へ向かい、応援給水を行いました。山陽小野田市の断水は懸命な復旧作業により、数日後に復旧しました。

夏休み子ども水道教室を開催

 8月7日(土)に夏休み子ども水道教室を開催しました。
 真っ青な空の下、今年は菊川町にある湯の原ダムの見学と、木屋川上流の長門市俵山で水辺の教室を開きました。
 湯の原ダムでは普段は入れないダムの中や管理室を見学し、長門市俵山では水産大学校の協力のもと、水辺の生物の観察をしました。水辺の生物に触れ合う子ども達からは、大きな歓声が上がっていました。

下水道展を開催

 9月10日の「下水道の日」にあわせて、市民の皆さんの下水道への理解と関心を高めていただくため、8月28日(土)に山陽終末処理場で下水道展を開催しました。
 普段目にすることのない終末処理場の見学ツアーでは、水がきれいになっていく過程を実際に目で見ることができ、みなさん興味深々の様子でした。参加者の皆さんにとって、下水道をより身近に感じていただけた一日になったことと思います。


目次へ▲

財政解体新書

平成21年度決算を報告します。

収益的収支
水をつくり、ご家庭にお届けするための経費とその財源

資本的収支
水道施設を整備・拡充するために必要な経費とその財源

上水道:決算の内訳(消費税抜き)

●収入:87.6億円

収益的収支
水道料金 53.4億円
その他の収入 3.0億円

資本的収支
国などからの借入金 2.8億円
内部留保資金 24.0億円 (※)
その他 4.4億円

●支出:87.6億円

収益的収支
施設の整備・管理のための費用 20.1億円
きれいな水をつくるための費用 11.5億円
借入金利息の支払いなど 6.3億円
ご家庭まで水を送る費用 9.7億円
メーター検針や水道料金収納に係る費用 3.5億円
事業全般に係る費用 4.7億円
その他 0.5億円
収益的収支差額 0.1億円

資本的収支
施設の建設・補修のための費用 15.5億円
借入元金等の返済 15.6億円
その他 0.1億円

下水道:決算の内訳(消費税抜き)

●収入:148.0億円

ご家庭から排出した水をきれいにして放流する経費とその財源
下水道使用料 34.1億円
国庫・他会計補助金 29.5億円
その他 0.3億円
純損失 9.4億円

下水施設を整備・拡充するために必要な経費とその財源
国などからの借入金 23.7億円
国などからの補助金 22.5億円
受益者負担金・分担金 2.8億円
その他 0.1億円
内部留保資金 25.6億円 (※)

●支出:148.0億円

ご家庭から排出した水をきれいにして放流する経費とその財源
下水を処理するための費用 11.2億円
管渠の整備・改良のための費用 2.3億円
水洗化を促進するための費用 0.3億円
下水道使用料徴収のための費用 0.3億円
事業全般に係る費用 3.0億円
借入金利息の支払いなど17.3億円
施設・管渠等の減価償却に係る費用 38.4億円
その他 0.5億円

下水施設を整備・拡充するために必要な経費とその財源
施設の建設・改良のための費用 43.6億円
借入元金等の返済 30.7億円
受益者負担金・分担金賦課の費用 0.4億円

※内部留保資金とは…減価償却費等の現金支出を伴わない支出や、収益的収支における利益によって留保されている自己資金のことです。


目次へ▲

インフォメーション

水道管にも冬支度!

屋外で露出している水道管は、寒さで凍ってしまったり破裂してしまったりすることがあります。

1.凍結予防

 露出している水道管には保温材や布きれを巻いておいたり、冷え込みが予想される夜間には蛇口からほんの少量の水を出してバケツに溜めておきましょう。(バケツに貯めた水は花の水遣りなど飲料水以外にご使用ください。)

2.凍結してしまったら

 水道管が凍結して水が出なくなった時は、あて布の上からぬるま湯をゆっくりかけてください。(熱湯を使用すると水道管が破損する恐れがあります。)

破裂してしまったら

上下水道局給水課(Tel.083-231-3115)または、北部事務所(Tel.083-772-2410)に連絡してください。

お引越しの際は届け出をお忘れなく!

 現在のお住まいからお引越しをされる際には、水道料金及び下水道使用料の精算が必要となります。
 お引越しや使用休止される際にご連絡がない場合は、水道を使用されていなくても基本料金がかかり続けますのでご注意ください。
 また、新たに使用開始される場合も、お早めに連絡をお願いします。
 集合住宅にお住まいの方で、水道料金及び下水道使用料を上下水道局以外にお支払いいただいている方は、直接上下水道局への届出は必要ありません。

●連絡先●
下関市上下水道局 お客さまサービス課
TEL 083-231-3117

祝 全国入選おめでとう!

  日本水道協会が主催する全国コンクール「第52回水道週間懸賞募集」へポスター・習字の作品を応募したところ、習字の部の小学校低学年(応募数1,528点)で下関市立勝山小学校3年水野沙耶さんが、習字の部の小学校高学年(応募数2,675点)で下関市立一の宮小学校4年髙橋空くんが入選しました! おめでとうございます。

入選 勝山小学校3年 水野沙耶さん
入選できて良かったです。これからも入選できるように習字をがんばります。

入選 一の宮小学校4年 高橋空くん
2年続けて受賞できたのでうれしかったです。

水道川柳入選者!!

 “水道水の安全性・水の大切さ等の「水」に関するもの”というテーマで前号にて募集した水道川柳の入選者を発表します。(お名前の50音順です。)

お知らせ

 上下水道クイズの33号の解答は「内日貯水池」でした! 今号の読者のひろば、上下水道クイズ、及び編集後記は紙面の都合によりお休みさせて頂きます。どうぞご了承下さい。


目次へ▲