○下関市豊田湖畔公園施設の設置等に関する条例施行規則

平成17年2月13日

規則第195号

(趣旨)

第1条 この規則は、下関市豊田湖畔公園施設の設置等に関する条例(平成17年条例第229号。以下「条例」という。)に定めるもののほか、豊田湖畔公園施設(以下「公園施設」という。)の管理及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(利用の手続)

第2条 条例第5条第1項の規定に基づき、公園施設の利用の許可を受けようとする者は、利用許可申請書を提出しなければならない。ただし、釣り桟橋及び附属設備等の利用については、口頭により申請することができる。

(利用の許可)

第3条 市長は、前条の規定による利用許可申請書の提出があった場合において、公園施設の利用を許可したときは、当該申請者に対して書面により通知するものとする。ただし、前条ただし書の規定による場合は、領収書の交付をもって許可及び通知があったものとみなす。

(利用の予約)

第4条 第2条の許可を受けようとする者は、その氏名、住所、年齢、性別、連絡先、利用期間、利用人数及び到着時刻を連絡することにより、利用しようとする日(以下「利用予定日」という。)の6月前から利用の予約をすることができる。

(利用の予約の取消し又は変更)

第5条 前条の予約を承諾された者(次項において「予約者」という。)で、その予約を取り消し、又はその予約の内容を変更しようとするものは、利用予定日の3日前までに市長にその旨を連絡しなければならない。

2 市長は、前項に規定する期間内に同項の規定による連絡をせず予約した内容の利用を行わなかった予約者から、違約金を徴収することができる。

3 前項の違約金の額は、利用の予約をした公園施設の使用料の額の範囲内で市長が別に定める。

(行為の禁止及び制限)

第6条 公園施設の利用の許可を受けた者は、次に掲げる事項を遵守し、公園施設の設置の目的に沿ってこれを使用しなければならない。

(1) 公園施設若しくは設備を損傷し、又はそのおそれのある行為をしないこと。

(2) 他の使用者に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が公園施設の管理のため必要があると認めて定めた事項

(指定管理者による管理)

第7条 条例第10条第1項の規定により、公園施設の管理を指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせる場合にあっては、第3条第5条第1項及び前条第3号中「市長」とあるのは「指定管理者」と、前条第3号中「定めた」とあるのは「あらかじめ市長の承認を得て定めた」として、これらの規定を適用する。

(指定管理者による違約金の徴収)

第8条 条例第11条第1項の規定により、指定管理者に公園施設の利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる場合においては、第5条第2項の違約金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。この場合において、同項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、同条第3項中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「市長」とあるのは「あらかじめ市長の承認を得て指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に、豊田町豊田湖畔公園施設の設置及び管理に関する規則(平成7年豊田町規則第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月9日規則第70号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規則第57号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年1月21日規則第15号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日規則第35号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月3日規則第52号)

この規則中第1条の規定は公布の日から、第2条の規定は平成31年10月1日から施行する。

下関市豊田湖畔公園施設の設置等に関する条例施行規則

平成17年2月13日 規則第195号

(令和元年10月1日施行)