下関市立美術館


展覧会 イベント・講座 利用案内 市民ギャラリー 図録・刊行物 当館について

下関市役所本庁舎新館の出張展示のご案内

市役所本庁舎新館1階エレベーターホールでは、美術館の所蔵する美術作品や資料の展示を行っています。お近くにお寄りの際は、ぜひお立ち寄りください。



 現在展示中の作品

現代版画―モノクロームの表現

〔展示作品〕

李 禹煥《項K》1979年(木版・紙、51.5×64.0cm)

〔作家・作品について〕
李 禹煥(LEE U-Fan 1936~)
 韓国に生まれる。ソウル大学を中退して1956年に来日し、以後日本を拠点に活動。1961年、日本大学文学部哲学科を卒業。幼少期から詩・書・画を教わっており、大学時代より絵を描き始める。1970年前後に日本でおきた現代美術運動「もの派」(未加工の物質・物体を素材としてではなく主役として登場させた作家たち)の中心的作家であり、国際的に活躍している。ミニマルな立体表現やインスタレーションを行うほか、身体の動きを反映しながら線や点で構成された絵画を制作。
 版画は1970年頃からはじめており、絵画作品にも多用された線を引く、点を打つ、という身体の単純な行為に焦点をあてて抽象的な表現を行っている。本作も、太く短い線を羅列させた表現となっているが、黒の濃淡やかすれ、線の様々な表情が、細かな変化となって広がっている。



〔展示期間〕
平成29年6月26日(月曜日)~7月24日(月曜日)


 これまでの展示

期間 展示内容
2017年
【前期】4月24日~5月26日
【後期】5月29日~6月23日
フランスの世紀末ポスター
【前期】テオフィル・アレクサンドル・スタンラン《猫》
【後期】ウジェーヌ・グラッセ《装飾美術展ポスター》
2017年
3月21日~4月21日
香月泰男の版画~春の花といきもの~
2017年
2月6日~3月17日
特別展関連展示 装幀家としての岸田劉生
~『劉生図案画集』(大正10年)より~
2016年12月26日~
2017年2月3日
池上 秀畝《双鶏・両兎図》
2016年
11月29日~12月21日
サラ・ブレイヤー《夜の真珠(関門橋)》
2016年
10月18日~11月25日
狩野芳崖《谿間雄飛図》(複製)
2016年
8月23日~10月14日
植木茂《トルソ》
2016年
8月2日~8月19日
「山の日」制定記念/期間限定公開「高島北海が描いたロッキー山脈」
2016年
6月28日~7月29日
伊東深水《浴後》
2016年
4月26日~6月24日
特集「赤間硯の世界 堀尾卓司・堀尾信夫父子と一門の仕事」
2016年
4月4日~4月22日
狩野芳崖《朝陽遊牧図》/橋本雅邦《夕陽帰牧図》
このページのトップへ