下関市立美術館


展覧会 イベント・講座 利用案内 市民ギャラリー 図録・刊行物 当館について

下関市役所本庁舎新館の出張展示のご案内

市役所本庁舎新館1階エレベーターホールでは、美術館の所蔵する美術作品や資料の展示を行っています。お近くにお寄りの際は、ぜひお立ち寄りください。



 現在展示中の作品

特別展関連展示
杏橋忠次郎の植物画

〔展示作品〕

  • 前期:《ユキモチソウ》1989年、《シロダモ》1990年
  • 後期:《マムシグサ》1988年、《ムベ》1992年
※ いずれも、鉛筆・水彩/紙、51.3×36.4cm

〔作家・作品について〕
杏橋 忠次郎(きょうばし・ちゅうじろう 1911~1998)
 広島県豊田郡安芸津町に生まれる。1930年に広島県立西条農業学校を卒業し、その後、岡山、京都、千葉の農業試験場や園芸学校で学ぶ。1940年、台湾総督府立鳳山熱帯園芸試験場に赴任。戦後は、広島県立西条農業試験場の技師となり、1958年から10年間は、下関市立農業試験場(現下関市園芸センター)の初代場長を務めた。
 長年にわたる調査研究と観察のなかで描かれた植物画は、自然科学分野における記録資料であり、かつ鑑賞の対象としても受容されている。



〔展示期間〕
前期:平成29年7月31日(月曜日)~9月1日(金曜日)
後期:平成29年9月4日(月曜日)~10月2日(月曜日)


 これまでの展示

期間 展示内容
2017年
6月26日~7月24日
現代版画―モノクロームの表現
2017年
【前期】4月24日~5月26日
【後期】5月29日~6月23日
フランスの世紀末ポスター
【前期】テオフィル・アレクサンドル・スタンラン《猫》
【後期】ウジェーヌ・グラッセ《装飾美術展ポスター》
2017年
3月21日~4月21日
香月泰男の版画~春の花といきもの~
2017年
2月6日~3月17日
特別展関連展示 装幀家としての岸田劉生
~『劉生図案画集』(大正10年)より~
2016年12月26日~
2017年2月3日
池上 秀畝《双鶏・両兎図》
2016年
11月29日~12月21日
サラ・ブレイヤー《夜の真珠(関門橋)》
2016年
10月18日~11月25日
狩野芳崖《谿間雄飛図》(複製)
2016年
8月23日~10月14日
植木茂《トルソ》
2016年
8月2日~8月19日
「山の日」制定記念/期間限定公開「高島北海が描いたロッキー山脈」
2016年
6月28日~7月29日
伊東深水《浴後》
2016年
4月26日~6月24日
特集「赤間硯の世界 堀尾卓司・堀尾信夫父子と一門の仕事」
2016年
4月4日~4月22日
狩野芳崖《朝陽遊牧図》/橋本雅邦《夕陽帰牧図》
このページのトップへ