下関市立美術館


展覧会 イベント・講座 利用案内 市民ギャラリー 図録・刊行物 当館について

下関市立美術館友の会

ここでは、美術館をサポートする友の会活動の最新情報を紹介します。

日帰り研修旅行のお知らせ


北九州立美術館本館リニューアル・オープン記念
「英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩」と世界遺産『官営八幡製鐵所関連施設』を巡る

2017年11月3日にリニューアルオープンしたばかりの北九州市立美術館本館と、2015年7月世界遺産登録が決定した北九州市の官営八幡製鐵所関連施設を見学します。
官営八幡製鐵所関連施設は、現在も生産活動を行う製鉄所の構内にあるため一般公開されていませんが、このたび所有企業と旅行代理店のご協力のもと、日頃は立ち入れない構内へバスで入場し登録施設を見学することになりました。構内を見学出来るまたとないチャンスです。お誘い合わせの上是非ご参加ください。

見学先 北九州市立美術館本館 「英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩」、 「ザ・ベスト・コレクション-丘の上の双眼鏡」
官営八幡製鐵所(車内見学)
TOTOミュージアム
実施日 平成30年1月30日(火曜日)
日程 午前8時30分 美術館集合
午後5時00分 美術館帰着
費用 おひとり様 9,900円
定員 35名(最少催行30名)
応募締切 平成30年1月9日(火曜日)必着
※先着順につき、グループでのお申し込みはお早めに。定員になり次第締め切ります。

※ 当初日帰り旅行は2月に予定していましたが、急きょ1月に変更となりました。本年度最後の旅行となります。何卒ご了承ください。



会員ギャラリートークのご案内


会員ギャラリートークを開催いたします。学芸員と一緒に作品を鑑賞しながら解説を聞くギャラリートークを実施いたします。友の会会員様には記念のポストカードをプレゼントいたします。皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

★所蔵品展No.139

  • 殿敷侃(とのしき ただし)-僕は夜明けを信じた

原爆や環境をテーマに、油絵、版画からインスタレーションへと制作を展開し続けた殿敷侃。所蔵品を一挙にご紹介し、作品の系譜を追いながら、今なお色褪せない魅力と彼の創作熱をお伝えします。

  • 画技競演 狩野芳崖(かのうほうがい)・晴皐(せいこう)と長府藩御用絵師

狩野芳崖・晴皐親子ふたりを中心に、長府藩御用絵師の伝統と多様な表現の「技」を紹介します。

日時 平成30年1月19日(金曜日)10時~11時

★所蔵品展No.140
  • 特集 旅立ちの日に―高校三年生に贈る、知っておきたい下関の美術

卒業の季節。郷里を離れ、新天地に旅立つ方も多いことでしょう。巣立つ高校三年生に、狩野芳崖、高島北海、香月泰男、桂ゆきなど地域ゆかりの美術を贈ります。

日時 平成30年3月16日(金曜日)10時~11時

※両日とも、事前の申し込みは不要です。当日美術館受付にて会員証又は特別優待券をご提示ください。 ※開始時間10分前に受付までおこしください。



第176回ギャラリーコンサート


Mono‐sax サクソフォンカルテット コンサート

とき 平成30年3月10日(土曜日) 午後2時~
ところ 下関市立美術館 光庭
出演者 Mono‐sax(モノ-サックス)
入場料 無料
※ただし2階でお聴きになる方は、所蔵品展の観覧券をお求めになるか、友の会会員証をご提示ください。

【プログラム(予定)】

  • サクソフォン四重奏曲(フローリオ)

  • ファイヤーワークス(キャロル・ベッファ)

  • オーケストラ in サクソフォン

  • イマジナリーダンス(フィリップ・ガイス) 他



会員の更新手続きはお早めに


平成29年度の会員証の有効期限は平成30年3月31日です。 平成30年度への継続手続きのご案内を2月上旬頃にお届けいたしますので、お早めに手続きをお願いいたします。



直通電話番号、Eメールアドレス新設のご案内


友の会事務局へのご連絡に、下記の直通電話番号(FAX兼用)と、メールアドレスが使えるようになりました。

電話番号(FAX) 083-242-0300
メールアドレス shimobi-tomonokai@vesta.ocn.ne.jp

お電話は、これまで通り美術館の電話番号から転送することもできます。