看護部の概要

看護部長挨拶

 豊田中央病院看護部です。
 病院は自然豊かな山間部にあります。高齢・過疎化の進む中、地域の医療・看護へのニーズは多様化しており看護部では、経験知の高い看護師の配置を強みとした看護を提供しています。職員の学べる環境を整え、旬な学習を受けることができる体制を病院全体で取り組み、病院理念「保健・医療・福祉の連携統合を図る地域ケアシステムの拠点としての役割」を担える人材育成に務めています。看護の看は「手」と「目」が基本と言われています。温かい手を差し伸べ、優しいまなざしで心のこもった看護が提供できることは私たちの喜びです。
 これからも地域に愛される病院づくりに努力してまいります。

看護部長 坂田喜代美

ページトップへ

看護部理念

地域の方々に「優しい看護」「丁寧な看護」「安全な看護」を行います

 「優しい看護」温かい心、優しい行動を実践します
 「丁寧な看護」人格の尊重と尊厳を大切にします
 「安全な看護」安心、安全な入院環境を提供します

ページトップへ

看護部基本方針

1.より良い看護を提供する
2.言動に責任を持つ
3.療養環境の適正化に努める
4.継続教育計画へ参加し学ぶ力を養う
5.自己の健康保持に努める
6.接遇の向上に努める

ページトップへ

2019年度看護部目標

患者ニーズに応じた入院支援をする

地域連携・外来目標
 退院後の患者を看る 月1件
 ~入院中から看護の継続を行う~

病棟目標
 一般病棟90日、包括ケア病床60日
 ~患者の暮らしを見据えた退院支援を行う~

ページトップへ

看護部組織図

看護部組織図

ページトップへ