看護部門の紹介

外来紹介

外来スタッフ 外来看護師は、外科、内科、整形外科、脳神経外科の診療をローテーションし、医師の診療介助、処置や検査、診療の説明、患者様の生活支援を行っています。ジェネラリスト看護師による救急対応、小児から高齢者の状況に対応した専門性を発揮しています。眼科外来は、検査等細かい診療の介助を要するため、看護師を固定し眼科の専門知識、技術の向上に取り組んでいます。地域のニーズに応えるため、安心安全な医療の提供が行えるようチーム連携の強化に努めています。

ページトップへ

一般病棟紹介

病棟看護師 一般病棟は平成30年4月より病床数60床となり、そのうち12床は地域包括ケア病床、9床が眼科病床です。
 当病棟は、平成27年度よりPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入し、看護師が2人ペアで患者様を担当し「優しい看護」「丁寧な看護」「安全な看護」が提供できるように励んでいます。いつでも助け合える協力体制であり、常にみんなでコミュニケーションをとりながら、明るく笑顔で活気ある職場です。患者様の思いを大切に個別性のある看護実践ができるようスタッフ一同で取り組んでいます。病棟看護補助士

ページトップへ